新着Pick

スペイン、首都マドリードの一部でロックダウン 感染急拡大

Reuters
[マドリード 18日 ロイター] - スペインの首都マドリードは18日、新型コロナウイルス感染が急拡大している一部地区で21日からロックダウン(都市封鎖)を実施すると発表した。約85万人が影響を受ける。
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
9月16日(水)の西ヨーロッパ各国を見ると、
スペイン:新規感染確認 4,728、 死者 239
フランス:新規感染確認 9,784、 死者 46
イタリア:新規感染確認 1,450、 死者 12
ドイツ :新規感染確認 2,021、 死者 4
イギリス:新規感染確認 3,991  死者 20

各国とも、夏季休暇を終えて学校が再開されるとともに、感染者の急増に転じています。
 感染者数の増加からいえば、先週後半に連日1万人越えになったフランスが最も顕著で、次いでスペインですが、スペインは死者数の増加において際立って深刻です。各国の医療・保険体制の違いで、致死率にはハッキリとした違いが出ています。
 ただ、ヨーロッパはまだましで、インドは連日の新規感染確認者が10万人に達しようとしていて、連日の死者は1,000人を超えています。
 中南米も、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、ペルー、コロンビアを足すと、連日の死者はインドと同じくらいになります。
 米国は、7月の連日7万人の感染確認だった時よりは、少し減って、毎日4万人くらいですが、毎日の死者が1,000人強なのは、あまり変わらないですね。
ロックダウン措置はマドリードの6地区で実施されるとのこと。スペインではコロナの感染拡大が止まらないようです..