新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
白色矮星とは、赤色巨星(の最終段階)で重力による束縛が弱くなり広く膨らんだ外層の中心に残った中心核(コア)の部分のことです。膨張する外層は惑星状星雲となり、白色矮星となったコアでは既に核融合反応が止まっています。

赤色巨星を含む通常の恒星は重力と古典的なガスの圧力のバランスで成り立っていますが、白色矮星は重力が強く古典的なガス圧では支えきれないため、電子の縮退圧という量子力学的な圧力と重力のバランスで成り立っている星です。そんな不思議な星の周囲に木星のような巨大ガス惑星が周回しているのを世界で初めて発見したのが今回の研究です(※1)。

先日報道された、金星のガス中に含まれているホスフィンは生命起源であることを示唆する研究(※2)といい惑星科学がホットトピックの一つになっていますね!

【ご参考】
(※1) https://www.nature.com/articles/s41586-020-2713-y
(※1) https://newspicks.com/news/5233985
(※2) https://newspicks.com/news/5227070
約80光年離れた白色矮星の周りに巨大惑星!が存在する可能性が高いと、米ウィスコンシン大や東京大などの国際研究チームが、ネイチャー電子版に発表したそうです!惑星!
宇宙って、なんか夢がありますよね。