新着Pick

電車から「週刊誌広告」を排除した阪急の美意識

東洋経済オンライン
新型コロナウイルス感染症の拡大は、4月ごろから鉄道業界にも深刻な影響を及ぼしている。東海道新幹線の利用者数が例年より9割以上減少したのを筆頭に、鉄道各社の利用者数は激減。緊急事態宣言の解除から数カ月が…
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
課題は今後そのブランドをどう守り育てていくかですね。
沿線の開発はある程度し尽くしましたし、車内広告に注目している人ももはやそれほど多くないでしょう。
リアルで構築したブランドを土台に、デジタル時代、ポストコロナ時代のブランド戦略を考えなくてはいけません。
「阪急がそのイメージを維持し、利用者に理想の暮らしを提供するうえで必要不可欠だとして、受け継がれている。そしてそれが利用者をはじめ多くの人々に受け入れられた結果が、現在のブランド力だ。(記事から引用)」

阪急の美意識やブランド力が地域に根付いているのならば、わざわざ駅ナカの売店を東京の「成城石井」にせずに、オリジナルブランドを立ち上げるか、地元の「いかり」と提携することも可能だったのではないでしょうか。
関西の大手鉄道会社の駅ナカの売店は、JR西日本はセブンイレブン、近鉄はファミリーマートです。経営的な判断を否定するわけではありませんが、沿線住民に愛されるためにも地元愛を少しでも感じられるようなビジネス展開も考えて頂きたいと思います。
海外から日本にやってきた人によく言われます。日本の電車の広告はいろいろな意味で品がない、と。「それ言ったら、おたくの国のキヨスクには・・(以下自主規制)」と言いたくなるときもありますけども。
阪急阪神ホールディングス株式会社(はんきゅうはんしんホールディングス、英語: Hankyu Hanshin Holdings, Inc.)は、阪急電鉄・阪神電気鉄道・阪急阪神不動産・阪急交通社・阪急阪神エクスプレス・阪急阪神ホテルズおよびこれら6社の子会社を統括する持株会社。阪急阪神東宝グループの一翼を担う「阪急阪神ホールディングスグループ」の中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,226 億円

業績