新着Pick
507Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
菅内閣がやろうとしていることは極めて明快にみえる。
【継続】
①足元のコロナ対策はきっちりやる、②それに関連する経済対策もしっかりやる。これは安倍政権の後半に政府が総力を挙げてまとめ上げたパッケージがあるので、それを着実にやるに越したことはないはず。目新しいことに飛びつく必要はない。
【攻め】
それに加えて、③悪しき先例主義を排除すること、④省庁の縦割りを打破すること。これは攻めの取り組みで、この中にデジタル化の推進も含まれるはず。なぜなら、デジタル化は行政分野であれ、経済分野であれ、既存の枠組みをぶち抜いてつなぐことにそのエッセンスが見出せるから。そして、デジタル化の推進はデータの生成と表裏の関係にあり、「人類の(国民の、と置き換えても良い)諸活動のログとして必然的に生成される大量のデータ」を適切に(そしてフルに)活用する次の段階の社会経済(これをSociety5.0と安倍政権では呼んだ)を実現する事につながる。
その攻めの担い手として行政改革担当に河野太郎さんを、そしてデジタル化担当として平井卓也さんを、内閣府の特命担当大臣として首相の直下においた、加えて行革担当大臣も経験して土地勘のある武田良太さんを総務大臣に据えた。
この三人の配置は、戦略的で、攻めの「三銃士」と呼んでも良いと思う。
【守り】
攻めだけでは思わぬところで足元を救われなねない。⑤守りの布陣を固めておくことが大事で、ここを怠って前のめりの姿勢で、失敗した政権も少なくない。
上川陽子さん(法務大臣)や田村憲久さん(厚労大臣)、萩生田浩一さん(文科大臣)、茂木敏充さん(外務大臣)さんなどはそれぞれの分野で実績もあり、大きなトラブルもない、守りのポジションだと理解すべき。官房長官に選ばれた加藤さんも「守り」にカテゴライズされる。

既に勝ち筋が見えた政策(対策)の継続と、守りを固めながら、ターゲット分野の攻めを遠慮なくやっていく、という姿勢が見えてくる。その先にある来年の本格的な「骨太の方針」は、これからの日本の社会経済が向かうべき方向を示すパワフルなビジョンになる期待がある。その取りまとめは西村康稔さんが行う事になるだろう。その段階に入れば、人々は「国家観が見えてきた」というのではないか?

菅内閣の布陣には、こういった深謀遠慮と戦略性が背景にあると私は思うが、いかがだろうか?
90年代以降で、国会議員の親族を持たない「非世襲」の首相は、実家が写真館で国会議員秘書から国政に出た海部俊樹氏(在任期間は89年8月~91年10月)と、父が石川県根上町(現能美市)の町長を務めた森喜朗氏(同00年4月~01年4月)だけでした。ほかはすべて父が衆院議員を務めていた2世、そして3世です。菅氏は「無派閥」の自民党総裁でもあります、小泉純一郎氏ら形だけの「無派閥」は過去にもありましたが、菅氏は正真正銘の「無派閥」です。その意味で、歴史的・画期的なキャリアと言えます。私は横浜支局長だった15年以上前、菅氏の支持者や支援者の方々とよくお付き合いしました。その人たちが「菅くん」と気軽に呼んでいたことをよく覚えています。あの頃、まさか首相になるとは、おそらくほとんどの人が想像もしていなかったと思います。安倍政治の継承が政権の看板ですが、世襲の厚い壁を打ち破ったことは、改めて評価したいと思います。
ホントの“たたき上げ”から生まれた総理。しがらみのない「有言実行」を期待します。

行革担当に据えた目玉閣僚の河野太郎氏へ具体的にどんな指示がくだり、一体何をやるのか。内閣府付き大臣は各役所に足場を持つ訳ではないので、タテ割り打破の具体イメージは何か?今夜、官邸での大臣会見に注目したいです。

もうひとつ、党務では幹事長代行の野田聖子氏。無派閥、久々のオモテ舞台、総理・幹事長の“後押し”もあったといわれ、この仕事次第では再び脚光を浴びる流れが出てくるかもしれません。
肝は、官房長官、行政改革大臣、総務大臣、デジタル大臣。政府組織に存在する縦割りの弊害は一般の方々の想像を超えるものがあります。テレビ番組のネット配信を促進するための著作権制度改革でも、理由は不明ですが文化庁の抵抗はすごかった。霞ヶ関は、従来のやり方を変えることへの拒絶はDNAに刷り込まれています。もちろん役人の中にはそんなことじゃダメだと考えている人もたくさんいますが。
その辺りのことを最も熟知してるのが菅総理です。新行革大臣、新総務大臣とも突破力がありますから、期待は大きいです。一方、3キャリアやテレビ局は戦々恐々でしょう。
まずは「やりたいこと」と見られる総務省関連論点の構造改革を触っていくには今年秋冬を無事に乗り切ってから、ということになりましょうか。金融市場の目線は水準に照らせば高めのところから始まりますので難しい状況でのバトンタッチではありますが、菅さんならば無難に乗り切って貰えるのではないかと考えたい所です。

政権交代により変化する注目論点は以下にまとめさせて頂きましたので、宜しければご照覧ください。

https://www.businessinsider.jp/post-220305
安倍政権の政策を継承すると言ってもどこをどの程度のさじ加減でやるかによってかなり違うものになるはず。確実なのは金融政策の継続だけど、本来それは黒田総裁の仕事のはず。首相が口を出すのは本来おかしい。
安倍さんと言えば改憲と日米外交でしたが、それも今じゃない感満載なので、強引にはいかないでしょう。
携帯料金引き下げ、ふるさと納税や地方創生あたりは安倍政権のイメージよりも菅さんのイメージだったので、そこをより強化していくとなると、元々安倍政権ではなく菅政権だったのかもしれない
意外と長く続く気がしてきた
中国では菅内閣に関する報道は非常に多い。
関心がきわめて高い。
安倍路線の継承によって政治の安定が保たれるだろう。
デジタル庁の新設もあり、行政改革も重点に推進される。
少し時間をおいて菅カラーを出すとも期待される。
副首相というポストは安倍辞職のなかではまったく役に立たなかった。やはり設ける意味がなかった。
安倍内閣における問題も少なからぬ麻生副首相と関係している。これでさらに副首相を廃止させるべき。
解散総選挙の後、副首相のポストはなくなるだろう。
第100代内閣総理大臣も菅さんでお願いしたいです。
派閥に配慮しているように見せて、即戦力重視内閣ですね。
驚きました⁉️

少なくとも、予算委員会で、事務方がヒヤヒヤしなから見守る大臣は1人もいないと感じます。
臨時国会での実のある激論を期待しています。