新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
わいせつ教員の問題、詳しい記事が出ました。
私は情報検索が40年可能になれば問題解決できるようになると最初思いましたが、そんなに簡単にはいかないようです。

・懲戒の理由がわいせつ行為かどうか分からない
・懲戒理由を確認できるかどうかは自己申告任せになる
・本人が氏名を変えたらそもそも検索できない

という点はたしかにクリティカルです。実際に名前を変えて再犯した事例もあることは重たい現実として捉えるべきで、やはり教員免許法の改正が必要とする本記事の論旨に賛成です。

昨日再任が内定した萩生田文科相がこの問題を注視しており、教員免許法の改正にも意思を示していることは有り難いことです。ぜひ新内閣の重要トピックとして改正を進めていただきたいです。
これは、要するに罪を犯しても刑期を終えたらノーサイドだから職業選択の自由という観点で免許を取れなくするのはまずいということなの?

じゃあ猥褻犯として捕まった人は、「検事」にもなろうと思えばなれるのかしら?

医師として、医療行為中に殺人を犯した人が医師に復帰できるの?

どう考えてもおかしいのだから、法改正して欲しいよね。
学校に対する信頼が根本からなくなるよ。
「教員免許失効情報40年検索可能へ」のニュースが出ていますが、果たして子どもをわいせつ教員から守るのにどこまで効果があるのか。疑問点を解説しました。ぜひご一読ください。