新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
酸素飽和度もそうですが、VO2max(最大酸素摂取量)が計測できると情報が出てますね。

その人の運動耐容能、単純には心肺筋の総合力を測定できるということ。
そして、最もその人の寿命を示唆する数値の1つでもあります。

医療目的でも色々使えそうですが、そもそも原理も含めてまだ理解していないので、勉強しなきゃですかね、個人的には。
新しいApple Watchは、【連続利用時間18時間】に伸びたそうですし、【血中酸素濃度】が簡易的に測れ、【高度計】まで搭載しました!
やっぱり、山登り専用Android版プロトレックよりも、魅力が増しますね。
他のスマートウォッチより売れるのは、理解できます。

ちなみに、【いびき】をする人は、血中酸素濃度を、睡眠中に測るべきです。
無呼吸の有無などが測れますからね。

また、心電図(ESG)機能も搭載していますが、日本では認可されていないのかもしれません。
バンドルサービスを必ず出すだろうと言われていましたが、ついに発表されましたね。
iCloudやApple News+、Apple Musicなどに既に料金を払っているのでバンドルはありがたい。
特にフィットネス好きとしては、Apple Watchと連動しているApple Fitness+はとても楽しみ。
ペロトンの高いトレッドミルを購入するのを躊躇していたのですが、
安いトレッドミルを買ってもApple Fitness+をApple TVで流しながら走ればよいのであれば
非常に助かりますね。オンラインフィットネスの競争がさらに激化しそうです。
タイムリーですね。コロナに合わせて
機能を作ったのでしょうか?

人の体調の情報は増えてきていると
思います。これをもっと意味ある物に
するには、その原因の情報を重ね合わせる
事だと思います。

それは、仕事の状況、食事、運動、
ライフイベント等が有ると思います。
人にセンサーを付けるだけでは、
分からない事を、繋げる事が
大切だと考えています。
予防医療がこれからのスタンダードなのでこうしたサービスが付加されるプロダクトは追い風でしょうね。コロナも相まってより個人個人が健康に気遣う時代だしね。
喘息気味の子供がいるので買うかなぁ...(パルスオキシメーターは持ってない)
便利に使ってるので更新する気ですが、赤か青か迷います。
あとはバッテリーの持続時間ですね。
日中は歩数や運動量、夜は睡眠を計測するので、いつ充電するんだ?問題があり、Apple Watchの使用を辞めた黒歴史があります。