新着Pick
2355Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
柳井さんは早稲田卒ですが社会人のキャリアとしてはストリートスマートに始まりアカデミックスマートの素養を後発的につけた方、
ストリートスマートとしての野生と世界中の賢人から得た知性をもつ、いわば金棒を持った鬼。

柳井さんのレベルに達することは出来なくとも、与えられた仕事が何であれがむしゃらに取り組み何かのジャンルで確かな実務経験を備え、一方で学ぶことを怠らない。
やろうと思えば誰でも取れるアプローチ。
ラムチャランの『経営とは実行』と同じくやるかやらないか。

スタートのハードルは低く継続が困難なことをやり続ける、これが柳井さんのストイックさそのもの。
抜群に面白いインタビューでした。元々は柳井さんの横顔を聞くことが目的の取材だったのですが、社外取締役である名和さんにお話を伺う中で、どんどん「ユニクロ」のイメージが変わりました。

消費者としてユニクロに触れていると「ベーシックで使いやすい」というイメージが強いですが、その裏側に込められている柳井さんの「内面を磨け」というメッセージには強烈なものがあります。

着飾って誤魔化すことは許されず、ともすると非常に厳しい思想でもあるわけですが、「プー太郎だった自分でも変われた」という実体験に裏打ちされているだけに、反論のしようもありません。ユニクロ特集を通じて自分自身、身が引き締まるばかりでした。
読書に関しては良いことしか聞きません。

『一流のリーダーはほぼ例外なく、凄まじい読書家である』
『思考力も想像力も決断力も、柔軟性も将来性もすべて読書によって養われる。それを知っている人は、既に普通の人の何十倍もの本を読み、ドンドン先を歩いていける』
『読書をしていなければ、トップに上り詰める可能性の芽すら生まれない』
『読書の本質は答えなんかじゃなくて、「問い」を見つけるためにする』

そんな中で、

>柳井さんは読書家でもあり、とにかくインプットの量がズバ抜けていると聞きます。

とのこと。そりゃ、周りは勝てませんね。
これだけ読むと柳井さんは偉い人の話は聞くけどそうでない人の話は聞かない権威主義のように見えますが、CDI創業者の吉越に何度も怒られたのでなんとなくわかるのですが、「浅い議論」「一般論」が大嫌いなんだろうなと思います。経営の苦労のツボを外した議論に我慢できないんだろうなと。

「100倍返し」が嫌な役員が多いということですが、柳井さんにものを言える人は「100倍返し」を経験したから成長したのでは?もったいないなあ、なんて思いました。
いかに手を抜いて生きるかを追求する身としては一生関わりたくない人だなという感想を持ちました(非NP的発言)
『──役員が物申しづらいとすると、柳井さんはどんな人に経営の相談をしているのでしょうか。
ラム・チャランってご存じですか? 世界的に有名なインド人の経営アドバイザーで、著書である『経営は「実行」』は柳井さんの愛読書のひとつです。
もう80歳になりますが、彼が今、柳井さんの一番のブレーンです。』

ラム・チャランの『経営は実行』はほんと名著です!おすすめ。
相変わらず柳井さんは凄すぎますね

・誰よりもストイックで勤勉
・社内のフィードバックには100倍返し
・社内役員で物申せる人は少ない
・だから時折り社外から偉人を連れてきて代弁してもらう
・そうすると直後に考えを変える場面もある(柔軟性)
・インプットの量と自己編集力がズバ抜けて高く指摘が超的確
・今はファストリの経営に全集中。

ファストリのZARA超えも近い。
ラム・チャラン氏の本についての話は、私もどこかで読みました。
柳井さんとユニクロから感じるのは、大企業になっても、変化をやめることを自分に許さない「迫力」。

「自分を等身大より大きく見せびらかすのではなく、自己研鑽(けんさん)によってありのままを磨いていく。それこそが人間の本質であり、それぞれの自分らしさである」
好き嫌いを超えて、うちの社内でも、間違いなく学び取ることが多すぎるFRさんの話は毎日出ます。

あの規模になってなお、柳井さんはどう考えてるかを全員が読み解いて話す姿は強さをいつも感じます。

なんとか学び取り、僕らの血肉にしないとなぁと日々思うところです
ユニクロにも人格がある。それは創業者のビジョンとそれを達成するための努力によって形成されます。

ユニクロという人格形成に努力を惜しまない柳井社長の日常が、このレポートから伝わってきます。

こうしてできあがった法人格は、何代にもわたって継承されることでしょう。
この連載について
ユニクロがいよいよ、世界一の座を掴もうとしている。トップ企業であるZARAとの時価総額の差は2兆円に詰まり、逆転は現実的なシナリオだ。山口県の紳士服店から始まったユニクロは、いかにしてグローバルブランドになったのか。NewsPicksがレポートする。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.87 兆円

業績