新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何も知らない「部下」に対して、知ってる「上司・会社」が教えてあげる、という単純構造ではもはや無い、ということなのかもしれないですね。昨日の文春オンライン・青田さんのJ.Y. Park氏の記事でも感じたのですが「会社が育てる」というよりは、育つ環境をいかに整えるか、成長したいという個人の意思をいかに育むか、ということが、今後は重要になってくるような気がしています。
知るだけではなく、身につける。

学ぶことの基本であり、学ぶ側の大切な姿勢ですね。

社員教育は、教えて育てる側が、社員にさせるという姿勢で臨まないことがポイントだと思います。
教育の成果は、変化させることだと思っています。
その変化は、人によっては成長とも言えるものになりますが、他方失われるものもある。企業であれば少なからず、その会社に染まることなので。

変化として産みたいのは、判断して行動することかと。あとは振り返りか。学びは大学なら、研究のための判断や行動のための知識になるし、中等初等教育なら「学ぶ」という経験自体を得ている気がする。