新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
安倍首相の安保談話について、論じてみました。様々な意見があるかと思いますが、このタイミングがもたらす意味などを中心に考えています。
一部メディアが「異例」と報じ、「なぜこのような重要な内容を、辞める直前に出すのか」との批判も寄せられている、安倍首相の安全保障談話。しかし上智大学の前嶋和弘教授は、タイミングも内容も「かなり意図的」だったと分析します。その背景に秘められた意図とは。3つのポイントから読み解きます。
安倍政権の時には「税と社会保障の一体改革」という結果としてアベノミクスの足を引っ張る置き土産がありました。
対米、そして対中関係を持続したいと言う認識を示したのだろう。それは大切なことだ。
「徹底的に目立たない」ことを戦略的に狙い、「政治的な議題としてはしっかり残る」。深く首肯したポイントでした。
閣議決定を経ない「総理大臣の談話」、閣議決定済みの「総理大臣談話」。こんなテクニカルなことを交代直前に何故したのかと思っていましたが、なるほど。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。