新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この発言だとまだ防衛大臣の個人的な見解の域を出ないが、米国に対するアピールと中国に対する牽制となったことは確かだろう。記事にもあるように、次年度以降の国家安全保障戦略や将来の防衛大綱で中国の軍事力をどのように表記するかだ。もちろんこれらの文書は国家安全保障会議における各大臣の承認が必要となってくるため、一筋縄ではいかないだろうが、もしそこに「脅威」と記されれば、それは国としての見解となり、今後、中国は「脅威」と見なされることになる。