新着Pick
478Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国は、世界中の人が寄り集まってできた国であるからこそ、拠りどころが求められます。「出身国」というのもありますが、何代も経つと先祖の出身国との関係は薄れ、その言語も話せなくなります。別のよりどころに「宗教」もありますが、米国は宗教は重視しても、特定の宗教だけ優遇はしないのが基本です。
 結局、最も大きな拠りどころとして、「人種(race)」という米国独自の制度的枠組みがつくられました。これは公的な制度でもあり、教育や福祉においても重要な基準になります。米国に住む人間は、全て「白人」「黒人」「ヒスパニック」「アジア人」のいずれかに分類されます。日本人は、自動的に「アジア人」として中国人やインド人と同じ人種に分類されます。
 ただし、この「人種」という分類は、生物学に根拠があるわけではなく、ごく曖昧なものです。バーンスタインのミュージカル、「ウェストサイド・ストーリー」では、ポーランド移民とプエルトリコ移民が血で血を洗う抗争をしていますが、あれは白人とヒスパニックの争いではありません。当時の基準だと、白人というのはアングロ・サクソンかつプロテスタント(WASP)でなければならず、カトリックもしくはユダヤ教徒でスラブ人のポーランド系は、白人扱いされていませんでした。
 今では、白人の範囲は広がり、カトリックでもユダヤでもモルモンでも、スラブ系でも、白人扱いされます。WASPだけに限れば、とうの昔にマイノリティだったでしょう。米国から人種という制度はなくなりませんが、白人という分類の範囲を操作する試みは続けられてきました。
 米国の白人の場合、問題はマイノリティになるということよりも、格差が広がり過ぎて、同じ白人でも富裕層とそれ以外で別世界のようになってしまったことでしょう。黒人は黒人で、やはり富裕層とそれ以外では別世界です。
 白人の中間層、貧困層が人種という枠組みに期待しているのは、仕事、教育、住宅を保障してくれることでしょう。黒人もやはり、人種という枠組みが自分たちの生活を向上させる仕組みなのに不十分なのが主な不満でしょう。今、多くの米国人が「人種」にこだわるのは、団結して生活を向上させる枠組みが、「人種」以外になく、「人種」という枠組みに本来あったはずの助け合いの仕組みをよみがえらせたいからでしょう。
>中西部の工業地帯「ラストベルト」の工場労働者たちも、トランプ氏を後押ししています。

いやいや、元々ラストベルトは民主党支持者が多い地盤だったはず。ただ、民主党政権が何もしてくれないので、見捨てられた白人労働者が自分たちのことを見てくれるトランプ大統領を支持しているだけです。

それを裏付けるように、トランプ嫌いのマイケル・ムーア監督も『民主党はヒラリーの時と同じ過ちを犯して負けようとしている』と痛烈に批判しています。

“The Biden campaign just announced he’ll be visiting a number of states – but not Michigan. Sound familiar?” Moore wrote, presumably indicating Hillary Clinton’s 2016 race when she made the error of avoiding some states that then swung to Trump.”

https://www.google.co.uk/amp/s/amp.theguardian.com/us-news/2020/aug/29/michael-moore-donald-trump-repeat-2016-warning
民主党・共和党の年齢別の支持が印象的。分断した社会の影響を今後長くにわたって受けるのは若い世代、そして民主党支持。下記に米国の人口カーブがあるが、日本ほど高齢化しているわけではない(移民の寄与も大きいだろう)。日本は投票率含めてシルバー政治になりやすい(それは自分たち世代の投票責任を果たしているかというのもある)が、米国は人口カーブではそこまでなっていなくても、岩盤が強い印象は支持率含めて感じる。
https://finance-gfp.com/?p=885

あとラジオについての言及が興味深い。元々日経ビジネスに勤務されていて現在は東工大で教えらえている柳瀬氏が以前社内で講演してくれた際に、声だけのラジオは狂信的な支持者含めてファンを作りやすく、ラジオは戦時含めてそのツールとして使われてきたとおっしゃられていたことを思い出した。
よく考えると、この構図は日本企業社会における「おじさん」(人ではなく昭和的メンタリティとしての)vs「意識高い若者、女性、その他これまでのマイノリティ」の構図と同じですね。ということは、日本の変化も時間の問題か?
バイデンさんの熱量が足りない。有権者は強いリーダーを求めている。日本から眺めていてもそう感じます。

トランプさんのパフォーマンスは劇画的で、わかりやすい。盤石な基盤を持っているには、そこだと思います。
個人的に自分がマイノリティであるという経験をしてきて思うのは(結果的には後で気づいただけ)、マイノリティゆえの対話の必要性や重要性、ままならないことを受け入れながらも変えることをあきらめないってこと。何より多様性という他者との違いは前提も、分断を生まないよう事に向かう意識を大切にするってことかな、
うーん、どうでしょうか。記事内容はよくある話なんですが、実際はそう簡単でもないんです。黒人やヒスパニックの中にも共和党支持は一定程度あるんでね、こんな状態でも。実は共和党の掲げるファミリーバリュー、同性婚反対や妊娠中絶反対はムスリムやインド系、ヒスパニックの価値観に共通するものがあるんです。なにもしなくても人口動態で民主党支持者が増えると思うのは間違い