新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Nikolaは電気トラックというより燃料電池のはず…
6月にSPAC使って上場したばかり。上場数日後に株価早く80ドルを付けたが、その後35ドルほどまでに下落(これだけTeslaが盛り上がっている中で…)。ただこの増資で40%の50ドルほどになっている。新株取得で既存株主から見ると希薄化するわけだが、それでも上がる。というのは、どうやって作るか・売るかというのがまだ論点なので、大手との関係性はそこの確率を上げる。
トラックは資本財で稼働率が重要。その観点で、TeslaのトラックのSemiより、燃料電池のほうが充電に時間がかからないという点で、より適切だと思う。あと航続距離を伸ばすためにはEVだと電池を大量に積まないとダメだが、そうするほど重くなり電費は悪くなる。とはいえ、燃料電池もインフラ問題がある。
GMは、ホンダとEVだけでなく燃料電池含めた包括提携をしていたと思う。GMとホンダが一層近づく中で(下記)、ホンダ含めた構図がどうなるか。
https://newspicks.com/news/5199295
https://newspicks.com/news/5202594
このディールはGMがニコラのピックアップトラックの製造等とバッテリーを提供することでGMはバッテリーを含む部材のスケールと工場の稼働、およびピックアップトラック市場での”GMインサイド”を実現することになるようです。よく考えられた(ただし既定路線だったようにも見えます)動きに見えます。LG化学にも恩恵がありそうですね(充分整理できていないので後でしっかり調べたいと思いました)。FCも他のニコラのトラックへ提供することも発表されています。
 テスラ株下落の一因にもなりましたね。
ピックアップトラックは利幅大きく、米国自動車市場の主戦場。GM/Fordはまだまだ強い。顧客のブランドロイヤルティも高い。

GMがこの主戦場で電動化に踏み出した意味は大きい。Teslaが今後どう戦うか見もの。
燃料電池トラックのニコラはテスラの競合にはならなそう。トヨタもアメリカで燃料電池トラックの実証実験をしていますが、水素の充填と航続距離などが実用段階には至っていないのではないかと予想してます。
時価総額
9.20 兆円

業績