新着Pick
335Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
う〜ん、この見出しだと誤解を生んでしまいませんかね。

記事からは、どうしても通信が通じない場合は打ち切りになる可能性もあるものの「トラブルの際は電話で通信が復旧しそうか聞いたり、別日程を設定したりする」という柔軟な対応を想定している大学がほとんどだと読めました。

ただ、誤解を呼ぶ表現に対しては修正や補足説明を入れたほうが良いと思いますし、その点、文科省も認識して動かれていることは良いと思いました。
大学が悪い、文科省が悪いという話ではなく、受験生含めて対話して問題解決にあたらないと、この未曾有の事態には対応できません。

なお、通信環境がそもそもない受験生については、私は対面面接も認めるべきだと思います。感染対策した状況下で行う対面面接が感染拡大するとは到底思えません。
これはひどい。通信が悪いのは必ずしも学生側とも限らないですしね。大学側の問題だとするとどうするんですかね。同じように打ち切り?

何よりも、経済的に厳しい状況の家庭に安定したWifi環境がないこともある。こういった受験生に対する配慮が全くないですね。これは電話面接で対応する事を許容するなどして柔軟な対応が必要です。

再チャレンジをしっかりと与えるべきですし、初めての試みだからこそ柔軟な対応が求められます。初めての試みで白黒で物事を判断していたらうまくいかないでしょうね。
慶應の大学院KMDはスタート以来ずっとオンライン入試面接をしてきたが、アジア諸国の通信事情から途切れたりすることはままあり、その都度、志願者が不利になったり不公平になったりせぬよう工夫をしてきた。通信不良で面接打ち切り、おしまい、はない。入試をする側の覚悟とリテラシーの問題です。
これは受験生があまりに可哀そうです。

大学側は、自身の所属学生にはオンライン授業の環境を全学生が整備できるよう、支援金を出したりしています。受験の場合、雪で電車が遅れたら「別室受験」はフツーでしたよね。通信切断もある意味、環境による不都合だと思いますので、再チャレンジの資格くらい与えてもよいのではと思います。

何より受験生はコロナ待機の中で準備を重ねるなど“弱い立場”であることを考慮して欲しいです。
就活のときの「電話に出られないとアウト」という遠い昔の記憶がよみがえってきました。とはいえ、入試面接は「縁がなかった」では済まされない話。こんな対応策を示している時点で優秀な学生は見切りをつけそうです。
ひどい話ですね。

・マンションから指定された回線を使う以外の選択肢がない人もいるなど、回線の速度や安定性を誰もが選べるわけでない
・いくら念入りに事前チェックをしても、たとえば同じマンションの他の世帯がたくさんネットを使ったことで通信が遅くなったりする。受験シーズンだと「大雪で学校が休みになったので、子供たちが一斉にNetflixを見始めた」で死ぬ人は多そう
・そもそも水道管が壊れたら本人ではどうしようもないように、通信はどうしようもないケースもある
・通信環境は最強だとしても、アプリやサービスが不安定で接続が途切れることだってある。もはやこの場合、誰が悪いわけでもない。そして、たぶん普通の人にはネットワーク層の問題なのかアプリケーション層の問題なのか(もっといえば学生のクライアントアプリの問題なのかサーバーの問題なのかも)切り分けられないでしょう。
・同じことは面接官側にも言えること。面接官側の問題だったにも関わらず「こっちは完璧な状況だ。すなわち学生が悪い」と判断する先生がいないとも限らない。

以上、色々書きましたが「最大限の準備を」と投げ掛けるのは賛成ですが、「場合によっては落とすよ」と脅すのは賛成しませんし、本当に落とす先生がでないとも限らない。「通信が切れても打ち切ることはありませんが、集中して面接に挑めるよう最大限の準備を」位がよいのではないでしょうか。

採用の面接でもたまに落ちたり声があまり聞こえなかったりということはあります。(原因がはっきりするときもあれば、謎なときもあります)
私は「全然気にしなくてよいですよ!むしろこちらが原因かも知れず、すみません。気にせず続けましょう!」と明るくお伝えすることで、ご本人が絶望してしまわないように配慮をしているつもりです。
でも「切断なら打ち切りも」と言われたら、万が一切断があった場合、再接続できても正気じゃいられない気がします。

※追記
中村伊知哉 先生のコメントが最高です。
わが理科大MOTでは、先日、秋入学でZOOM面接を行ったが、十分に準備をして、問題はなかった。
難しいですね
悪く考えれば、回答に詰まるような質問が来た時に「そうですね」とだけ言って後は通信が悪いように装うこともできる
そういった不正が可能である点はさておき、オンライン面接って海外大はずっとやってきたはずなんですよね
通信障害で面接打ち切りというのは言葉尻だけをとらえるとインパクトがありますが、あまりにも継続不可だと判断される場合のオプションとして書いているんでしょう
これは今夏の大学院入試が参考になるのでは。事前の入念な接続テストの実施や、通信トラブル発生時の二重三重のバックアップの確保など、ノウハウが蓄積されています。また対応を職員任せにせず、教員が率先してプロセス設計やガイドラインの整備にあたることも大事です。
受験生は、通信端末はPCの一択で臨んで欲しいです。スマホはむしろ操作が煩雑になりますし、iPad等のタブレットはZoomの画面共有時にカメラがOFFになるなど、入試ガイドラインによっては適合しない恐れがあります。ノート型PCなら入学後も重宝しますし。
AOや推薦とはいえ面接を一定期間に詰め込むから別の日を設けられない事情もあるのだと推察しますが、本人に責任のない通信切断もあり得るので、あまりにもなおざりです。

また、面接は1回きりに決められた時間で、何らかの事情で2回して時間が増えてしまうことは公平ではないという発想も見え隠れします。
こういった「公平観」は大学だけの問題ではなく、社会が見かけの公平性を重視している風潮に起因します。特に試験に関しては、表面的・形式的な公平性が重視されています。
大学から変えようとするのは覚悟がいることです。