新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もはやエンティティリストに入れようが入れまいが中国企業との資本関係や物流、R&Dは北米市場を見据えた場合に大きなリスクになることは明白
”亀裂がさらに拡大”するかと問われれば、より明確になるだけで感度の高い企業はすでに動いているでしょう
しかしこうも半導体が一極集中しだすと我が国の立ち位置がなんとも微妙にならざるを得ない
加えてプロセッサ周りの技術情報流出が相次いでいるのも一つのポイントでしょう
暗躍する中華系ハッカーによる情報奪取と、中国の資金力によるキープレイヤーのチームごとの引き抜き
米国も後者については同じことをしないとなので半導体関係のキーマンの人材価値が急高騰するでしょう
いかなる中国企業も、人民解放軍と無関係であると言い切ることはできません。習近平総書記が強調する軍民融合は新しいものではなく、そもそも中国では、中国内の全ての資源が中国共産党によって動員可能なのです。
中国企業は半導体の生産を行っていますが、半導体製造機器は海外の技術に頼っています。今後、軍事だけでなく、経済的にもIoTが重要な技術となり、それを支えるのが半導体です。米国は、軍事的にも経済的にも核心的技術である半導体に関して、中国を抑え込もうというのです。中国の半導体製造メーカーが最先端の半導体を製造できなくなれば、中国は技術的に立ち遅れることになります。
米国企業や米国の同盟国の企業は、サプライチェーンの見直しを迫られるでしょう。また、公式なビジネスによって技術が得られなくなれば、中国は、サイバー攻撃を含む他の手段によって違法に技術情報を窃取しようとすると考えられます。中国がこれまでも行ってきたことですが、さらに活動が活発化することが考えられます。ビジネスを止めるだけでなく、情報保全の強化が求められるのです。
情報保全は日本が苦手とする分野の一つですが、情報の保護ができない国は、米国やその同盟国と、軍事的にも経済的にも対等な協力をすることができません。中国企業とどのように付き合うかだけでなく、情報の扱いについても、日本は真剣に考えなければなりません。
このあたりまでは、想定内だろう。次は、海外企業の中国工場など。
TSMCからの半導体供給を止めれば、ファーウェイなどはSMICに依存せざるを得なくなるが、今度はそのSMICをELに載せることを検討しているのか…。今度は逆にSMICを使っている中国外の企業が困るんじゃないかな…。
アメリカは半導体の分野で徹底的に中国を排除しようとしている。
これはイランへの輸出などとは関係なく、とくかく排除していきたい。
日本ではファーウェイを排除する命令を出しているのは菅さんであり、
今後より厳しくファーウェイを排除していくだろう。
また半導体ではぜったいに中国に協力しないという方針も固めていくだろう。
直接的にはSMICと軍との関係を米国が問題視しているわけですが、最大の懸念であるHuawei/HiSiliconの半導体の製造委託先の選択肢を米国が消そうという動きだと思います。香港市場でSMICの株価は22%の急落。
 長い目で見ると、おそらく中韓連携で製造装置の開発を進めるのではないでしょうか。
半導体製造装置や半導体材料を売れなくなるためのステップ。というか、すでに入っているものだと思っていた…
ようはHuaweiが最先端チップを作れなくなるということ。まぁ、今までもELに載っていくても、微細化で数世代劣後していたので、機械だけが課題ではないが(そもそもこれまでも先端装置をどれだけ買えていたのだろう、とは思う)。
米国は国防権限法によって今回のような中国のハイテク製品の導入を防ごうとしているが、同法の所管は商務省ではなくて国防総省であることからも、米国はこの問題を安全保障上の問題と捉えていることは明白。日本もこれを経済問題と見ると事態の本質を見誤る可能背がある。いずれにしても日本政府は米政府の提示するNISTのセキュリティ基準を導入し、民間技術者のセキュリティクリアランス制度を確立することで、米国に追随するしかないように思える。
おおう、そこまでやるのか。SMICで投資加速と思いきや今度は装置が買えないので加速もなにも装置や治具から作る必要が出てくると。
他国の先進技術を盗みまくり、自国の市場からは他国の企業を排除するというむちゃくちゃなやり方で経済成長し、そのカネで軍事力を増強し、カネとチカラで強引に覇権を拡大しているのが今の中国。
米国が単に貿易交渉を有利に進めるためだけに圧力を高めていると理解してはダメで、たとえ大統領がかわろうとも、議会は両党とも中国を危険視することに変わりはない。日本企業も二階さんや今井補佐官頼みで中国に敵対しないなどという状態が続くと見るのは危険。