新着Pick
553Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
身の回りのどこにでもあるものというのは、案外、その詳細について知らないもんだなと感じることがあります。

「シヤチハタ」も然りでしょう。

トリビアの泉のような会社です。しなやかでしたたかな会社です。没個性化が進む中で珍しくなりつつある「社風」を感じさせる会社です。もっと深く掘り下げて、「底」を見てみたいと思わせる会社です。

工場見学に行きたくなりました。
人気 Picker
シャチハタではなく、シヤチハタ、
そして商品名ではなく会社名…お恥ずかしながら全く知りませんでした。今や小さな子供たちでも、シャチハタどこー?と朝よく言っていますので完全に物に対する呼び名で浸透していました。Covidで益々デジタルへそしてDXへの取り組みは加速していきますが、その流れをしっかり捉えて会社の取り組みも市場動向を分析されたうえでどう向き合っていくか早くから取り組みに舵を切られているのは素晴らしいですね。
我が家では毎朝、Covidのために体温を測り大丈夫ということで学校や習い事にいくケースがほとんどなので、子供たちがシヤチハタをポンと押すことが楽しくて仕方ないから、親に体温を見てもらってから、子供がポンと押している毎日です。
今まで以上に子供たちがシヤチハタを使うケースが逆に増えた気がします。
シヤチハタについて何も知らなかった。
いまさらですが、驚いてしまいました。
「シヤチハタは「ハンコ」ではない。「浸透印」と呼ばれるもので、「スタンプ」なのである。したがって、「登録印」としては使えない」
「ハンコはつくっていないのになぜか朱肉は販売している」
「謎の会社」によるハンコデータ事業。
文具店などで見るネームタワー。珍しい苗字あるあるとしては自分の名前のハンコがあるかを探し、やっぱりないと言って悦に入るというもの 笑。占部という名前はほとんど見つかりません
あのタワーが認知度を上げる販促ツールになったというのはとても理解ができます
記事にある、デジタルに積極的に取り組む社風というのは初めて知りましたが、歴史がある企業の中でここまで取り組めているのは素晴らしいと思いました
外資系なので、会社の代表印や役所への提出書類以外はサインが基本。
今はリモートワークなので、電子認証付の電子サイン(結構時間がかかる)。
だから「ハンコなんて要らない」と思っていたけど、社長さんの人柄のせいか、ガツガツしない社風からか、
記事を読んでいてハンコラブの気持ちが蘇りました。

やはりボクも日本人。ハンコをポンと押す感覚が懐かしい。
いつか社内で電子ハンコをポンと押すようになれればいいな。
「シヤチハタ」は社名で商品名ではなく「Xスタンパー」が商品名。恥ずかしながら初めて知りました。

初めて「シヤチハタ」のハンコを使ったのは、たしか小学生の頃のラジオ体操でした。班長としてみんなのラジオ体操カードにハンコを押す係で親に買ってもらいました。そのあともインク入れ替えでしばらく使えていたのを記憶しています。

ハンコ企業でありながら、デジタル戦略を持ちアメリカ・ドキュサインにデータを供給している点も驚きで、記事でこの会社の奥深さがわかりました。
スタンプ台からシャチハチへ、50年サイクルで主幹事業を変化させてきた会社ですから次何やるのか楽しみでもある。電子契約にデータ印としてのせるだけではないはす。2025年創業100周年むけて粛々と準備されているでしょう。
指紋認証付き印章(ハンコ)はいかがでしょうか.本人が握った時だけ凹凸が現れ,押すと印影が残せるようになる.さらに遠隔地にある文書に承認,押印できるように,WiFi接続された印章.本人がスマホでパスコードを入力すると他人でも代理で1回だけ使える印章.さらに小型カメラが付いていて何の文書に押したかも分かるようになっている.
特許取れるかな.
シヤチハタはハンコではなくスタンプ。なるほど、言われてみればそういう場面で使うことが多い。宅配便の受領印や書類の確認印などは、いちいちペンを持ってサインするよりシヤチハタでポンっと押した方が便利。

「デジタルでもシヤチハタ」の流れは面白いですね。ドキュサインのハンコデータがシヤチハタとは知りませんでした…!
6万ユーザーが3ヶ月で33万ユーザーに⁉️
パソコン決済クラウドのユーザー数の話。
米ドキュサインとも提携するシヤチハタが結構デジタル化で攻めていることは意外と知られてないかもしれませんね。したたかな会社です。
先日同僚と話題になったのがコレ。

>リーマンショックを境にして、シヤチハタ需要は転機を迎えている。それまで職場で使うシヤチハタはほとんど会社支給だったが、リーマン後は「個人買い」に切り替わる傾向にある。

リーマンショック後に就職した私にとっては「シャチハタ会社支給??!!」って感じだったが、日本の他の会社では結構一般的だそうで、びっくりしました。最近は傾向としては変わってきているのですね。
この連載について
コロナ騒動で「ハンコ」決裁の非効率が浮き彫りになっている。法律で強制されているわけでもないのに、なぜ役所の届け出・社内稟議等々でハンコを押す慣習はなくならないのか。ハンコにまつわる知られざる謎を解き明かし、ハンコに縛られることの是非を問う。
シヤチハタ株式会社(読みはシャチハタ、英語: Shachihata Inc.)は、愛知県名古屋市西区に本社を置く印章・スタンプ・文房具等を製造する会社。 ウィキペディア