新着Pick
162Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前長崎大学で働いていたのですが、赴任した日に先輩の先生から「君東京から来たからわからないと思うけど、長崎は何年かに一度、海から直接凄い新鮮な台風が直撃してとんでもないことになるから、日頃から備えておきなよ」と言われたのを今でも覚えています。
九州時代にそこまで凄まじいものは経験しませんでしたが、台風が怖いのは風雨に加え、停電することで、停電するとマンションの場合水が出なくなるという問題もあります。
様々な備えを既に多くの方がしているとは思うのですが、どうか被害が少ないことを願わずにいられません。。。
新幹線車輌は、JRにとって重要な資産ですから、リスクをあらかじめ減らしておく行動は必要でしょう。
昨年10月の台風19号で、長野市の千曲川の堤防が決壊し、北陸新幹線が泥水につかった光景は衝撃でした。その教訓を生かす措置であり、当然の措置でもあります。交通インフラの保全は災害後の復旧のためにも最優先事項です。コロナ禍で乗客が大幅に減るなど受難続きの新幹線ですが、社会を支える大動脈です。万全を期してほしいです。今回のモンスター台風の被害が少しでも抑えられることを祈ります。
昨年、台風19号による大雨で北陸新幹線10編成(120両)が浸水しました。浸水により廃車になった経験から、今回避難を決めたのでしょう。賢明な判断だと思います。
懸命な判断。昨年10月台風の北陸新幹線の教訓ですね。
コロナで逆風な中で、甚大な追加被害は避けたいです。
大きな被害にならないことを祈りたいです。
前回の豪雨の時に、新幹線車両が水に浸かりましたよね。

それを避けるための対処法でしょう。

危機管理としては、当然のことだと考えます。
昨年の千曲川決壊による北陸新幹線の水没から教訓をJRグループとして生かしていることほすばらしい。新幹線の製造には1編成で50億とも言われるので、重要な資産は退避させるに越したことはないです。
動けるが故の対策。北陸新幹線の教訓を生かしたのですね。
【社会】昨年の台風19号で北陸新幹線の車両が水没して廃車になったことを考えると当然の対応かと思う。今後も大規模な災害が見込まれる場合は同様の対応を取ることになりそう。
企業の対策からも今回の台風の大きさを感じます。確かに台風は局所的かつ一過性のものなので場所さえ変えれば被害を免れますね。
西日本旅客鉄道株式会社(にしにほんりょかくてつどう、英語: West Japan Railway Company)は、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業および船舶事業を引き継ぎ発足した旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9,316 億円

業績