新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では日銀が仮想通貨(中央銀行デジタル通貨:CBDC)を発行するなど先の話だと思っている人が多いと思いますが、世界の中央銀行は既に動き出しています。

2020年1月にBISが公表した「CBDCサーベイ」によれば、世界の中央銀行の80%がCBDCの調査や実験などの取組を行い、40%が実証実験、10%かま実用化に向けた作業を行なっているとのこと。

カンボジア中銀の「バコン」、バハマ中銀の「サンドダラー」は2020年、中国人民銀行の「デジタル人民元」、スウェーデン中銀の「eクローナ」、東カリブ中銀の「DXCD」は2021年の導入を目指すとしています。

本文中にある様に、オフライン決済の有無や匿名性など様々な論点があり、各国の計画も考え方もその点様々です。それらの違いにも関わりますが、法的にはデータ自体に価値があると考えるトークン型と口座を管理するだけという考え方という分け方もあります。他にも、最終的に普及した際における金利の付与を行う可能性についても考える必要があります。そういう意味では、技術的課題というよりは制度的課題の方が重要です。

匿名性に関しては、歴史が示している様に中央銀行が発行する限り簡単には匿名性が保証されるとは思えません。その点は民間人がいかに議論してもある意味無意味かも知れません。

世界で最初に紙幣を発行したのは中国で、10世紀の北宋時代の「交子」と言われています。CBDCも中国が世界をリードする事になるのでしょうか。

いずれにせよ、キャッシュレス化は国家によるCBDCに向かい、つまり金銭取引の匿名性が失われていくプロセスなので、手放しに喜んでる人は余程無邪気なのか、闇経済で生きる人なのか。


仮想通貨とは"何だったこと"になるか 大場紀章
https://newspicks.com/news/5071561/
株式会社野村総合研究所(のむらそうごうけんきゅうしょ、英:Nomura Research Institute, Ltd.)は、東京都千代田区大手町に本社を置く、日本の最大手シンクタンク、コンサルティングファーム、システムインテグレーター。略称はNRI、野村総研。 ウィキペディア
時価総額
2.19 兆円

業績