新着Pick
867Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
超・不規則な生活を送ってきた身としては、睡眠「質」の見える化、可視化をオススメします。ウェアラブルの加速度計で寝返りなど睡眠の濃淡がわかります。あと、深酒はやはり質を落としますね…
睡眠の質は本当に翌日のパフォーマンスに影響します。

最近はApple Watchをつけたまま寝て、auto sleepというアプリで睡眠ログを取り、そして、翌日のパフォーマンスのメモをとり、睡眠とパフォーマンスの関係をウォッチし、最適化するのにハマってます…
寝不足が続いてましたが、やはりゆとりがなくなり意思決定が雑になったので、よく寝ることを強く意識しようと思いました。

ここにある方法論は最近よく語られているものです。
さらに寝る前スマホを辞められるといいかなと
「(2)日中に体を動かす」
4年以上フルリモートで働いてきたので、運動不足がずっと課題です。朝仕事がない日は子供の通学について行ったり、週末に通っているテニスを平日にもいれたり、夜散歩をしたり、色々するのですが、なかなか続かないのが難点です。
夜の散歩が一番お手軽なのですが、梅雨の時期は雨の日が多く、寒い冬は辛いなど季節にも左右されております。。
子供がいるのでジムに通うなどは難しく、やはり少しでも日常に取り入れていくのがいいのかなとは思っています。そのためにテレワークではない副業をしたりもしています。
驚きはあまりありませんが、全部やってます。強いて言えば、これらにプラスαで…
何もしないよりも時間を有効に使えてますが、個人差もあるでしょうから、皆さんがカスタマイズして上手くいった例などを共有するプラットフォームがあると良いかも知れません
「睡眠の質」って難しですよね。単純に「よく寝られたな〜」と思って起きるのが良いのでしょうか? 疲れていても寝られない時もありますし、あっという間に寝ついてしまう時もあります。一時、リモートワークになってほとんど外に出ない日が続いた時には、私の睡眠時間はほとんど1〜2時間でした。それでも昼間に眠くなったりはせず、きっと急に脳にも体にも刺激がない生活になったので、睡眠を必要としない状態だったのでは?と自己分析しています。今は、よく寝られますし、朝の目覚めも快適です。寝る前に気をつけていることは、1時間くらい前からパソコン、スマホとテレビを見ないようにして、静かな音楽を聴きながら眠りにつくようにしています。
コロナ禍の3月末から毎日朝1時間の運動(ウォーキング)をしています。

そのお陰か、夜はぐっすりです。

記事にあったように照明を真っ暗にはしていないので今夜から真っ暗にして寝てみようと思います。