新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すでに厚生労働省主導でIDESと呼ばれる感染症専門家育成のプログラムも存在しています。

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/ides/index.html

こちらは文部科学省+大学病院主導なので、縦割りで連携が図られない懸念があります。双方向に風通し良く、連携しながらよりよいプログラムの策定が行われればと思います。
大学病院の財政支援は急務ですが、アフターコロナのメンタルヘルス支援も大切です。先日、埼玉の某大学病院の感染症専門医から聞きましたが、陰性後も通院してくる元患者が意外といて、職場復帰の難しさや差別、家族間の問題などメンタル面の相談にものっているとのことでした。新型コロナは、快復後も広い視野で支援が要る難しいウイルスです。
【感染対策のスペシャリスト】

医師の中で感染症に詳しい内科医、救急医、小児科医‥などは多いと思いますが、今回のコロナ禍で必要とされたのは「感染対策」に詳しい人員でした。病院に感染対策部門はあると思いますが、聖路加の坂本史衣先生のような「感染対策」の専門家はとても希少です。

そういった感染対策のスペシャリスト育成をサポートできる体制作りにはとても期待しています。
この対策は急務
加計学園の獣医学部開設の問題も、そもそも鳥インフルをはじめとした感染症対策
もうお友達云々の議論はやめて下さいね
「8割削減」とか「42万人死ぬ」とか「国民全員 PCR 検査」とか日本にはろくな専門家がいない事が判った

世界に通用する専門家を育てて欲しい