新着Pick
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
第4のメガバンク構想は、M&Aやデジタルアセット分野で新たなにビジネスを創出していくというビジョンがこれまでの経費削減を主とした銀行間の合併などとは異なる点でしょう。コロナ禍での国内旅行やリモートワークで地方の魅力が再定義される中で各銀行のネットワークを活かしてM&Aなどを通じて新たな業態を作ることを後押しして欲しいです。
一方で地方創生のアドバイザーなどとの差別化も重要で、銀行であるからには情報を基に融資や出資などの「実弾」を使ってソリューションを提供していくことが求められると思います。
現場で課題があるとすると情報の共有方法と各地銀とのビジネスとの取り合い(カニバリゼーション)でしょうか。
ナイーブな香港への同情論を横において
香港から国際金融都市としての地位を獲りにいく
という発言は北尾さんならでは。したたかだ。
これにはわれわれが忘れてはいけない金融の厳しい
現実がある。それは認めるべき。日本は、今の状況を
うまく使わなければならない、という冷静な判断は必要。
他方、地銀を束にすれば何かが解決するという発想は、
そのまま真に受けるべきではないだろう。
4行への資本参加を決めた段階で「あわせて10行程度」との発言があったので、「3,4行と合意近い」は増えたのか減ったのかモメンタムが不明。
金融機能強化法が資本注入について緩和的に期限延長されたので、そちらのオプションに傾いた地銀もある可能性はある。
地銀連合を作る話と、国際金融センター構想は別の問題です。

国際金融センターをつくって育成するためには、金融庁をはじめとする国の機関を巻き込む必要があります。

海外の金融機関やその他の企業に広く門戸を開いた、かつての英国の貸席方式(当時は「ウインブルドン現象」と呼ばれていました)が最低限必要です。

ここで矛盾が生じてきます。

有力な外資がドンドン入ってくれば、体力が弱っている地銀等に甚大なダメージを与えてしまいます。
地銀連合構想が潰れてしまう恐れもあります。

個人的には、ドンドン門戸を開放し、Amazonが地銀を買収して立て直すくらいの刺激があってもいいと思いますけど・・・。
北尾さんからすれば地域最強の営業網がお金で手に入る。SBIのソリューションを地銀が売りまくる。これぞアセットのプロフィット化。決して救済買収したりはしないでしょう。シナジー投資は金額が小さければ小さいほどROIが高くなる。
数年後のSBIの決算資料には地銀が販売したプロダクトの数字がしっかりと載ってくるはずです
SBIが地銀を統合してSBI銀行にしてくれると、SBI証券との連携もできるようになり、地方の眠っていたお金が動き出す可能性はありそう。
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
6,150 億円

業績