新着Pick
203Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は核弾頭約320発を保有しているとされ、その大半は陜西省太白県秦嶺山の第22ロケット軍基地に保管されていると見られています。
核ミサイルの発射施設は第51基地から56基地の5カ所で、常時22基地との間でローテーションが行われて、有事に備えています。
これらの基地に配属されているICBM数は約90基(弾頭数100)です。

例外が戦略原子力潜水艦夏級で、常時最大12発のSLBMを搭載して航行しているようです。
現在中国は戦略原子力潜水艦を1隻しか保有していませんが、既に4隻が新たに進水しており、一隻が建造中です。
従って今後倍増が予想される核弾頭は主に原子力潜水艦搭載用と推定されます。
当然ターゲットはアメリカでしょう。

一方日本、台湾に対してはグアムキラーの名で知られる中距離ミサイルDF21とその後継ミサイルDF26が80基以上配備されており、開戦初日で日本を永遠に世界地図から抹消することが可能です。
加えて通常弾頭を装備するDF16も有事には核に換装することが可能で、これらを加えた対日核戦力は弾頭数ベースで450基程度まで拡大できると考えられます。

これら対日核ミサイルはINF条約の縛りで米露が放棄した中距離ミサイルで、中国は現在世界唯一の中距離ミサイルの大量保有国です。
これが無くなるだけで日本の安全保障は飛躍的に高まるのですが、どういう訳か中国も含めた中距離ミサイル撤廃の動きは国内外共に全く見られないのがなんとも残念なところです。
中国にしてみれば、米国との相互確証破壊すら成立しておらず、虎の子の原潜に搭載する核も足りていないということなので、とにかく数が必要ということになる。ただし原潜を有効活用するためには、ある程度深さのある南シナ海を抑える必要があり、南シナ海を抑えるには南沙諸島を抑える必要がある。このように中国の軍事戦略は壮大ではあるが、計画倒れの所もあり、中国に対する世界の視線が厳しくなりつつある中、さらにそれを悪化させるような核弾頭数の増加というのは悪手かもしれない。
中国や北朝鮮の核弾頭保有数については、公表する機関によって大きな開きがある。米国防総省、米国の民間シンクタンク、ストックホルム平和研究所、ワシントンのCSIS、ロンドンのIISS、日本の防衛白書などが公表する数字が違いすぎるのは、当事国が軍縮関連の会議には出席することなく、公表もしないから。中国の核弾頭が200個程度と少なく見積もった根拠に注目したい。
ドクトリンの変更などではなく、能力だけ見て判断しているのが危なっかしい。
ここまで来たら、素人目に見てアメリカが我が国を守るため中国と核戦争入りするリスクを冒すは思えない・・・ 中国の脅威に備えて基地攻撃能力を備えるかどうかといった議論が真剣に行われているようですが、如何に大金を叩いて通常兵力で防御を固めても、核を搭載した中距離弾道ミサイルを背景に本気で脅かされたら、対抗のしようがなさそうなところが切ないですね・・・ (@_@。ウーン
常々思っているのですが、核弾頭の保有数を増やしても意味がありません。

今の核兵器は広島や長崎に落とされた原爆を遙かに上回る破壊力があるので、核兵器を用いた戦争になれば、世界中が消滅します。

バランスオブバワーが保つことに目的を置くのであれば、数ではなく相手国に先んじることができる配置場所等でしょう。

潜水艦は機動性があるので、その分を増やして他国とのバランスを維持する意義はあるでしょう。

それにしても、現在の米国の保有数は多すぎます。

維持するためのコストが膨大なことを斟酌すれば、その分のお金をもっと生産的なことに使った方が国益にもかなうでしょう。

核戦争にゲーム理論を当てはめたら、地球がなんども消滅するのが「ナッシュ均衡」になりかねません。
ちょっと前のNPだと、「これに対抗できるのは安倍さんだけだ、安倍バンザーイ!」という人が出てきて、実に辟易したものです。
香港の治安維持法、ウイグルのジェノサイド、自然災害起因でのステーションブラックアウトによるメルトダウン、航空機による自爆テロ、コロナウイルスの変異、3.11の大津波、熊本の2回の大地震、韓国からの火器管制レーダー照射、などいつかは起きるかもしれないけどまさか今自分の生きているうちにということが実際に起きている。偶発的な核爆発というのも戦争に近い文脈でかあるいは完全な事故、またはサイバー攻撃でなどどこかで起こり得るのかもしれない。
米国防総省は1日、中国の核弾頭保有数は現在の200個程度から今後10年間で少なくとも倍増するという見通しを示しているようです。