新着Pick
137Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
お世話になった公文式、海外でもよく見かけます。思い返すと凄いベンチャーです。このOBインタビュー ( https://www.kumon.ne.jp/kumonnow/obog/069_1/) がきっかけで社長さんとつないでくれました。30年以上前に解いた算数のプリントにこんなストーリーがあったとは。。
人気 Picker
教材が海外でも受け入れられているという点で、作成のメソッドが気になりますよね。算数ならまだわかりますが他の科目も。。

ケニアで公文の教室にうかがったことがあります。子どもたちは日本と同じように、一人でモクモク勉強していました。以下のリンクにあるように、公文教育研究会は南アに現地法人があるし、ケニア、ザンビア、ボツワナ、ナミビアには教室があるのです。

ケニアの人にはすごく向いていると思いますね。あまり教室数が増えないのは、要件が厳しいからでしょうか。紙の質から教室の体制まで、フランチャイズには多くの条件があるとうかがったことがあります。

https://abp.co.jp/PDF/ABP_List_Japanese_Companies_Doing_Business_in_Africa_Jpn_2019.pdf
新規事業に関して、社内の古参幹部が斜に見ながらも気にするというのは、私もあまり気にしたことがありませんでしたがその通りの面白い視点と思いました。つぶそうとする人、最初だけほめてうまくいかないと手のひらを反す人、地味に助けてくれる人、担当者になると社内の人の目利きが進みそうです。
公文教育研究会の社長・池上秀徳氏の連載第4回です。
ーーー
「やっててよかった公文式」のキャッチコピーで知られる教室を展開する公文教育研究会。たった一人の高校教師の指導法から生まれたメソッドは、今や50を超える国と地域に広まり、日本発の強力なソフトコンテンツになっている。

2015年に同社初のプロパー出身社長として就任した池上秀徳氏は、創始者・公文公氏から直接薫陶を受けた経験を自身の経営哲学に昇華させたという。

今に至る原体験、創業の精神を受け継ぐトップとしてのあり方、グローバル企業が目指す「KUMON」の未来について聞いた。(全7回)

■第1回 世界400万人が学ぶ「公文式」はこうして生まれた
■第2回 仕事人生の基礎を築いた2年間の研修
■第3回 教育とは、教育者とは何かがわかった
■第4回 新規事業に参加すると、社内で重宝される
■第5回 教材は、子どもたちがつくるもの
■第6回 今の時代に合った「流行」を取り入れる
■第7回 「生きる力」を育む学習法を世界中に広げていく
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。