新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「顧客に聞く」のもそうだし「トレードオフ」もそうですが、田部さんの凄いのは結局常に基本から発送しているところだと思います。基本というと簡単そうなイメージがありますが、実はこれが一番難しいので。多くの会社の失敗は「なんでこんなことやったの!」という基本から外れたケースです。
ラクスルのCMO(最高マーケティング責任者)・田部正樹氏の連載第7回(最終回)です。
ーーー
新卒で丸井グループに入社し、テイクアンドギヴ・ニーズで事業戦略とマーケティングの責任者を務めて成果を上げた実績から、2014年にネット印刷・集客支援のプラットフォーム「ラクスル」を手掛けるラクスルに入社。

CMOの田部正樹氏は、約50億円のマーケティング費用を投資し、5年で売上高を約25倍に伸ばした。「マーケターではなく、マーケティングが得意な経営者に近い」と自称する田部氏は何者なのか。

大学時代は渋谷のバーの雇われ店長をしていた。「顔が怖い、ただのチャラチャラした人間だった」と語る田部氏の仕事ヒストリーを追いながら、事業を伸ばす独自の哲学を紹介する。(全7回)

■第1回 5年で売上高25倍に伸ばしたマーケティング
■第2回 丸井で不遇な新人時代、ゴスロリ館でPDCAを回す
■第3回 業績悪化、退職者続出、最後に信じられるもの
■第4回 ただのマーケターから卒業、経営者の自覚を持つ
■第5回 成功しても失敗しても、その理由を説明できるか
■第6回 自分の感性をあまり大事にしないほうがいい
■第7回 トレードオフを意識。何かをやれば、何かを失う
楽しかった連載が終わってしまった。
「ニュースをpickしている場合か」と、叱咤激励されたような気持ちです。

印刷の「ラスクル」と物流の「ハコベル」という二つの事業よりも「ノバセル」は成長のペースが速いとのこと。

「今もまだまだ道半ばではありますが、ノバセルの原型が始まった2018年から約2年で、年間で約30億ぐらいの売り上げになってきました」
両立しないトレードオフに闘いを挑むのがリーダーの務めだとずっと言い続けてきました。
実は、それをあいまいにして、中途半端なディシジョンしかできない人が多いんです。
きれいごとではいかない闘い方はリーダーにしか決められません。
マーケティングの最先端で責任と覚悟を持った実践知を学ばせて頂きました。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。