新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
田部さんに初めてお会いしてから6年程たちますが、丸井時代の話は存じあげませんでした。希望が叶わなかった経験から、好き嫌いを一切言わず、どんな仕事でも楽しめる人間になったとのこと。このマインドは、規模の大小に限らずどの組織においても必要ですが、ヒト、モノ、カネが一層限られているベンチャーにおいては必須。

私も前職の証券会社の新人時代、任される案件や内容に納得できなかった経験から、自ら社内外に提案して獲得するというスタイルになりました。IPOは数年にわたる長期プロジェクトですが、自ら判断してディールを獲得し、執行した経験は、今の仕事にも活きています。

明日の連載も楽しみです。
ラクスルのCMO(最高マーケティング責任者)・田部正樹氏の連載第2回です。
ーーー
新卒で丸井グループに入社し、テイクアンドギヴ・ニーズで事業戦略とマーケティングの責任者を務めて成果を上げた実績から、2014年にネット印刷・集客支援のプラットフォーム「ラクスル」を手掛けるラクスルに入社。

CMOの田部正樹氏は、約50億円のマーケティング費用を投資し、5年で売上高を約25倍に伸ばした。「マーケターではなく、マーケティングが得意な経営者に近い」と自称する田部氏は何者なのか。

大学時代は渋谷のバーの雇われ店長をしていた。「顔が怖い、ただのチャラチャラした人間だった」と語る田部氏の仕事ヒストリーを追いながら、事業を伸ばす独自の哲学を紹介する。(全7回)

■第1回 5年で売上高25倍に伸ばしたマーケティング
■第2回 丸井で不遇な新人時代、ゴスロリ館でPDCAを回す
■第3回 テイクアンドギヴ・ニーズに転職後、業績急降下
■第4回 ただのマーケターから卒業、経営者の自覚を持つ
■第5回 成功しても失敗しても、その理由を説明できるか
■第6回 自分の感性をあまり大事にしないほうがいい
■第7回 トレードオフを意識。何かをやれば、何かを失う
ラクスルCMO田部さんの貴重な丸井グループ新卒時代。新宿店でのゴスロリブランドの話めちゃくちゃ面白いw
大変良い話でした。キャリア論としても面白いのでしょうが、思考の進み方に興味を惹かれました。
私なりにこのお話を解釈すると、自分の持ち玉の使い所が見えたことによって、職場における自分の発揮される能力が大きく変化したお話のように感じました。
過去にバーでの仕事の経験から培われた自分のノウハウと、仕事で直面したテーマのこの2者が「繋がる」というところにポイントがあるように思うのです。
どうやってこの2者が繋がるのか、というと、おそらくまず直面した新しいテーマをじっくりと観察し、そこから「あれ?これってこうじゃない?」という試行的な考えが芽生え、それを試して検証する、ということを繰り返されているのではないかと想像します。しかし、カタログの仕事のときは、まだ不満が先行していて、生かしどころの試行には行かなかった、ということかなと。
この差がどこから生じるのかな、とも思いました。意思の問題というよりも、入社式で寝たことで評価を落とした、とありますので、そういった流れから、自分に能力発揮が期待されていないという意味付けになり、その結果なのかなと思ったりもします。ただ、おそらくこの中でも何かを発揮されていたのではないかと勝手に想像しますが。
前回の記事にも「この街とあの街では人々の行動が違う、この溝を埋めるのがマーケティングの仕事」というお話が出てきますが、この差異を繋ぐところに田部さんの思考の独自性があるように感じます。
トップの写真と、最後の笑顔の写真のギャップがすごい笑
「入社式で寝た」から「仕事を選ばずにどんなこともやる」への大きな変化。

「好き嫌いを一切言わず、とにかく来たボールを打つという、どんな仕事でも楽しめる人間になったのです。地味な会議資料作り一つでも異常なモチベーションで取り組んでいました」
田部さんは一度数人で飲む会でご一緒しましたが、
エネルギッシュでとても楽しかったです。
ひたすらディグラム診断してましたね笑

そして、マルイ時代のお話。
人に歴史ありですね。凄く面白い。
下積みの時代の話って、
成長してから聞くと本当グッときます。
その時は洒落にならないですが、、笑
「ゴスロリを着る人たちにとっては、ゴスロリの世界を「わかってる感」が重要です。」
田部さんのカバレッジの広さを痛感させる一言だ。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社丸井グループ(マルイグループ、英:MARUI GROUP CO., LTD.)は、ファッションビルの丸井などを傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4,484 億円

業績