新着Pick
390Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ようやくとは言え、最近文科省は学校の構造的な問題にメスを入れていっています。私もポジティブに評価しています。外部人材の活用のための必要な予算措置も強気に財務省と交渉していってほしいです。

私は平日についても部活専任の教員でない限りは業務にしなくていいと考えています。部活で忙しくて、授業研究や担任学級の生徒のケアができないとか、部活で飛び回って体調や家庭が壊れたといった嘘みたいな話は全国で散見されており、部活が教員の仕事に与える影響力の大きさを痛感してきました。

なお、今後ネックになってくるのは「保護者・OBOG」だと思います。学校の先生が意固地になって部活を守っていると思われがちですが、保護者や部活OBOGからの声によってやめることができないケースも多いと聞きます。
学校が健全に存続するために、今後保護者にも理解していってもらわないと困ります。その点、文科省の方針という印籠が手に入ったことは大きいです。

ちなみに、外部人材が部活を実施することへの懸念もあるとは思いますが、外部人材が実施することを前提に仕組みづくりすればやり方はいくらでもあります。学校だけ特別という考えは捨てた方がいいです。
部活は、授業よりよほど全人格(仲間との共感・主体性・目標に向かって日々鍛錬すること・没頭・PDCA回す力・苦しさに耐えやり通す力などなど)を育てる教育機会になっている。
しかし指導者が学校の先生である必要は全く無い。
あらゆることに責任を負わされ、マルチタスクを求められる時代ではなくなっています。
子どもの幸福が大切というのであれば、子どもにとっての身近な大人である先生たちの幸福を考えなければなりません。
学校を地域に開かれたものとし、教員以外のさまざまな大人が部活その他の活動に関わることにより、よい循環がうまれることを期待します。
賛否両論あるが、部活顧問は専門家に、教員は本業の教育に集中する体制を早く作る方が良いと思います。良い教育は将来の国力になるので。
希望すればできる、なんて事を言っているとまた、希望したことにさせられそう。機能を分けて人も分けるべき。
野球やサッカーのようなメジャーな種目でも、学校によっては人数が足りなかったりしてプレーする機会がなくなる。ラグビーなどもマイナースポーツなら尚更。ラグビースクールで小学生でラグビーやっていてもスクールに中学部がない場合、プレーする機会がなくなるので、地域スポーツ化は賛成。

生徒にとっても、学校とは別の居場所ができることがメリット。
学校とセットだと、別の事象で学校行けなくなった場合、スポーツもできなくなる。

ただ。
指導員の確保で、とりあえず部活の監督したい輩が入り込んでくるのは害悪でもある。学校の先生よりも質が悪いこともあるので。指導員に対しての外部アセスメントは必ずセットにしてほしいところ。

地域スポーツとしては、楽しむ方面と競技を目指す方面と両面あったほうがいい。うちの子とか野球とかしたいと言うけど、地域の野球チームだと中途半端に競技的になっていたりする。活動日に楽しくゲームができるようなところがあってもいいじゃないか、と思うんだが(学校の課内クラブのようなもの)。

甲子園を目指さない育成組織 実現のためにプロ野球界がクリアするべき二つの障害
https://news.yahoo.co.jp/byline/oshimakazuto/20190525-00127309/
昔は、休日の部活どころか平日の部活でも教員がまったく関与しないことが多かった。

事故などがあったと時、学校側が責任追及されるのを恐れて関与を原則としたのでしょう。

休日の部活は自由練習にして、施設は使わせるが事故等の責任は負わないということにした方がスッキリするような気がします。

部活に参加するときに、その旨の念書を保護者から取っておけばいいのではないでしょうか?
部活もそうだが、日本の学校は先生がやらなくてもいい業務が多すぎる。運動会、遠足、テスト、通知表、校務、渉外。教育委員会等規則や校長の裁量で変えられることもあるがグレーでハッキリしない。やらなくていいことを国がハッキリ示してやればいい。
讃井さんのコメントに共感します。
教育の名の下に、何でもボランティアのように学校に押し付けていたことが問題です。

外部人材の獲得がポイントですが、そこに副業として保護者やOB・OGに関与してもらうことも考えられます。
スポーツと教育を切り離せたら最良。
スポーツは楽しんだり、豊かさを得るものであって、教育ではないと思っているので本音と建前を切り離せたら最良だと考えます。