新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
凡人がこういう話をしても後付けの議論でしかないが、ビル・ゲイツは遙か前からパンデミックに対して警鐘を鳴らし、WHOに米国に次ぐ大規模な資金提供をし、CDCに深くコミットしていたので、彼の言葉には重みがある。
世界の状況を俯瞰して見る立場にある方からも、このような言葉が聞けるのはとても心強いですね。

「先進国では概ね2021年末までに、世界全体では2022年末までに、この感染症を収束させられるとみています。」

「技術革新がなければ、見通しはさらに暗かったでしょう。このパンデミックが5年間は続き、自然免疫が唯一の希望になるという最悪の事態に頭を悩ませる必要がないのは、技術革新のおかげなのです。」
スティーヴン・レヴィによるビル・ゲイツインタビュー。凄く面白い。本当はゲイツが大統領になってくれると世の中はより良くなるのは間違いないけど、インテリ人気は高くても大衆ウケはしないのが勿体ない。

やはり国家の影響力はどんな個人や企業をも遥かに上回る。ワクチンに関してもゲイツがやっていることより、トランプ政権のワープスピード計画の方が大きな成果を生みそうだし。ゲイツやザッカーバーグに大統領になってもらいたいかど、2人とも大衆に不人気だから難しそうw
記事の「ファウチNIAID所長ではなく、CDCが前面に出てこなかった」過程は今後検証されるべき。
ビル・ゲイツ氏が大統領だったら、何をしたいだろうか?
個人的な印象だが、ビル・ゲイツ氏はエンジニアだし「課題解消」がその規模問わずにひたすら強いのだと思う。感染症などもその一環。大統領や、政治・政府の話は、「課題解消」を一番大きくやるが、ただそこに様々な思惑が絡むから、今のポジションのほうが当たり前だがビル・ゲイツ氏にはComfortableだろう。またリーダーシップスタイルとしても、国のリーダーとしては象徴的な側面も求められる、課題解消のリーダーシップと違うものもあるだろう。
それでも、ご自身が大統領だったら何をどうするのがベストと考えられるか、聞いてみたい…
あれだけ世界有数の大学機関があり、公衆衛生の研究も進んでいるはずのアメリカがコロナ対策は後手後手
単純な医療技術や対策云々よりも、一般国民における公衆衛生の意識の差でしょうか?少し前まで日本は風邪をひいていなくてもマスクをしている行為をがいこくから揶揄される様な事もありましたから
ビル・ゲイツが「事後検証が行われること」を前提にしていることは、それがトランプ政権ですら可能であることを示唆している。我が国への強烈なアンチテーゼではないか。
それにしても、COVID-19に関する米国政府の対応の闇深さは、このインタビューのみならず様々な調査報道で明らかにされているが、CDC含め多くの官僚が諦観に近い思いを抱き始めているのが怖い…。
感染症の敵はウィルスそのものではなく、人間の認識力であることが良くわかる。

アメリカは反知性主義の罠に陥りトランプを大統領に選び、その大統領の施策により感染が拡大し、死者も増大している。ビルゲイツはウィルスをばら撒いた張本人だと糾弾され、ワクチンはマイクロチップが埋め込まれると忌避される。

ここらが民主主義の限界なのかなあ・・・
コロナ禍の収束時期は、やはり来年末なのでしょうか…
ビルゲイツ氏は、先進国とそれ以外で分けていますが、私は地域によってタイミングに差が出てくると感じています。
やはり、東アジアは早く収束するのではないでしょうか。

このことから、先進国では概ね2021年末までに、世界全体では2022年末までに、この感染症を収束させられるとみています。
「コロナ禍」はカラ騒ぎ

アメリカの新型コロナ死亡者のうち死因が新型コロナだった人は全体の 6% に過ぎない

For 6% of the deaths, COVID-19 was the only cause mentioned. For deaths with conditions or causes in addition to COVID-19, on average, there were 2.6 additional conditions or causes per death.

https://www.cdc.gov/nchs/nvss/vsrr/covid_weekly/index.htm

持病持ちの老人以外が新型コロナで死ぬ事はまず無い
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
211 兆円

業績