新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の金融機関で勤務すると、2週間の連続休暇を毎年一度取ることを義務づけられます。会計不正などの防止が目的ですが、それ以外にもシニアな社員が長期休暇とるメリットは大きいと思います。記事にあるメリットは全て納得できますが、個人的に特に重要なのは同僚や部下に仕事をふりわけることで、その人達に成長機会を与えることだと思います。
この考え方は必要ですね(この方法がベスト、と言うわけではなく)。

自分がいなければ会社が回らない、あの人がいなければ会社が回らない、そんな勘違いをしている人が多いことに気が付けると思います。

休む環境を無理やり作ること、お勧めだなぁ。
対象となる社員に依存すると思います。ただ、それも、こういった施策を継続しないと、変わらないという面もあるとは思いますが。

きちんと考えることができない人には、何を与えても、浪費してしまいます。
そして、連続9日間程度の休暇では、リセットして考えることも難しいでしょう。やるなら、最低限1ヶ月は必要だと感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
隠れた優良企業ですから参考になる施策だと思います。その昔勤めていた外資では四半期に1回必ず5連続有休を取るように言われてました。
シンプルな記事ですが、ダブルキャストの重要性など、メリットにはうなづけるものが多かった。
いつも課長を筆頭に身近な上司にはフル稼働で頼ってしまいます。
全体の底上げには偉い人にもまとまって休んでもらうのも良いかも。
日本だと長期休暇は持て余してしまいそう。