新着Pick
353Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シリコンバレーのアクセラレーター「プラグアンドプレイ」が最近行った66社のスタートアップを対象にした調査によると、「新型コロナのパンデミックが資金調達のタイムラインに影響し、遅くさせている」と答えた企業は78.8%でした。

また、その中でどのような戦略を取ったかという質問では、「資金調達を延期した」が半数以上の53%。もちろん企業によってタイミングがあるのでどうするのがベストな選択かは異なりますが、多くの起業家が、様子見していることを示す結果でした。

今回取材したテラスは、「待つんじゃない」というアドバイスをメンターからもらったことが大きくその後の調達に影響しました。

誰もが経験したことのない危機、そしていつになったら開けるとも分からない難局をどう乗り越えるのか、「待つんじゃない」は、起業家だけでなく、すべてのビジネスパーソンに言えることだと感じます。
スタートアップが育つかどうかは、環境適応力にあります。COVID-19パンデミックでどう動くか。

収束を待って資金調達したほうがいいという企業は、潤沢な資金があるからそう言えるのでしょう。

安く買い叩かれるから、今は待ったほうがいいと、キャッシュフローがままならないスタートアップが考えたとしたら、生き残れない。

この端末、健常者にも使えますね。
UTEC(東大エッジキャピタル)、海外投資しているの知らなかった…HP見たら、こちらの企業だけでなく結構ある!
https://www.ut-ec.co.jp/portfolio
応援している。

でも、先日介護保険対象の福祉用具の認定を受けたが、ここからが大変。介護保険によって、商流は定まりチャネルも広がるが、一方で介護保険によって行動や情報が拘束されると感じることもおそらくあるでしょう。

ビジネスに乗せるのは簡単ではないが、データだけではなく、私のような介護や医療の「スーツ組」や投資家の声だけを信じるのではなく、たくさんの現場を見て、彼らの声を聴いて、大勢の高齢者と家族に製品を届けてほしい。
世界には素晴らしい技術、企業かがいるのですね。頑張らねば!!
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。