新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
思った以上に面白い記事だった。
「バーチャルマーケット」という分野にこれだけ実企業が参入しているのは驚いた。

『これまでのバーチャルマーケットでは、伊勢丹に加え、セブン-イレブン、KADOKAWA、ソフトバンク、アウディ、ネットフリックスなどが出店し、プロモーションを展開したり、3Dデータを販売した。アウディは「e-tron」という電気自動車の試乗体験を行ったという。』

また、三越伊勢丹の参入が、わずか3人で独学で3DをYouTube動画から学び、約一か月でローンチしたというから驚きである。
"そんなの出来っこない"とか、質が低い"とか言っているよりも、早期に出来ることから始め、まず開始してみるという、アジャイルの動き。今後企業には必要不可欠なスキル。
非常に今後の動きが楽しみであり、応援したい。
Weekly OCHIAIにも何度か出演されている仲田さん
VR業界の私ですら驚くような老舗のバーチャルマーケット出店でしたが、仲田さんの熱意を伺って納得でした。
まだまだバーチャルだけで経済圏が完結することは難しいとは思います。
なので"リアルとの連携"が重要になってくるはず。
3Dスキャナーの件もそうですが、うまくリアル⇄バーチャルを行き来させる仕組みが作れれば、バーチャルの人口が増えるのかなと思います。
>> VR事業と平行して、3Dスキャナーで顧客の体形を3Dデータで記録しておき、リアル販売に生かす方法も模索したいという。
これは面白いかもしれません。
"VR事業と平行して、3Dスキャナーで顧客の体形を3Dデータで記録しておき、リアル販売に生かす方法も模索したいという。例えば、リアルファッションの試着も都度、試着室で行うのではなく、大きなモニターの前に立てば、データ化された該当のファッションが一瞬にして試着できる──そんなサービスも可能になる。"
とても興味深いです。
オンラインゲームで課金して様々なものを購入していくのに似ているなと思います。バーチャルな消費。コロナの影響もあり、今後大きくなっていく可能性は十分にあると思います。
コロナ禍の影響で、デジタルトランスフォーメーションが想定の何倍もの速さで進化している中、いままではどちらかというと一部のマニア受けだった仮想空間がより身近な存在になろうとしてる予感はします。
ただ、HMDをわざわざ装着してまで参加する気力はなく、スマホ、パソコンからでも気軽に楽しめる利便性とクオリティは欲しいところ。それが今では当たり前になったSNSのように、生活の一部に組み込まれる手段の一つだと思います。

バーチャル試着も、いまはまだ?と思われても、いずれごく普通の体験になると思ってます。スマホだって、20年前にはなかったのに今じゃないほうがおかしい価値観。この先も、常識を覆すイノベーションが新しい価値観を醸成するはず。ああ、テクノロジー楽しい!!って、自分がプロダクトを作れるわけじゃないんですが、、もっとセンスと技術を融合したバーチャル試着を作りたいなぁ。イスラエルに視察に行き、いくつか面白いのは見つけたんですが、プロダクトありきというよりは、ユーザーが最高にハッピーを感じるサービス、新しい気づきを与えるサービスに共感します。
Fortniteを見るに、この領域は可能性が感じられます。
没入を体験しないと。
すごい、YouTube動画で勉強しながら1ヶ月で作り上げるなんて。読んで感じたのは、専門家じゃなくたって、世の中のツールやリソースをどううまく使うかってことですね。
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
2,926 億円

業績