新着Pick
1453Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営者の中でもとりわけストイックで、周囲に対して厳しいという話ばかりを聞く柳井さんですが、青年時代はプー太郎だという事実を知って、なんだか安心しました。

時には政治批判をするなど踏み込んだ発言もありますが、そうした姿勢も全ては「人は努力すれば変われる」という自身の経験からきているのかもしれません。

では、どのようにして変わってきたのか。プー太郎だった柳井さんが数々の失敗を超えて自信をつけてきた半生を、可愛いイラストと共にお届けします。
おもしろい記事でした。キーワードは「ストイック」ですが、私の印象は少し違います。

柳井さんの人物像を象徴するエピソードは「夜の会食はしない」ということだと思います。夕方になると、さっさと家に帰って、読書や音楽を楽しむ。財界活動にも関心がないので、会食の必要がない。趣味のひとつはゴルフで、ホールインワン経験のある腕前です。松濤のご自宅には、ゴルフレンジが備え付けてあります(空撮で確認できます)。

オンとオフの切り替えができている。好きなことはとことん極める。まわりに影響されない。確固たるディシプリンがある。そんな印象をもっています。

そして最大の功績は多額の納税です。経営学者の楠木建さんは、企業の社会貢献は納税に尽きるとおっしゃっています。柳井さんは不可解なスキームでの節税を選びません。その一点から清々しいと感じます。
興味深い記事。
様々な事例があり参考になる。 特に「世界品質宣言」は、今では企業のリブランディングの成功例として語られることも多い、に注目。
言葉を選ばずに言えば、怠惰な時代と、熱中する時代の両方を経験して、そのギャップで自己改革をされた人は魅力的。
ずっと頑張れる人もいるが、大部分の人間はそうではないと思う。頑張る・執着する・熱中するためには、そうではなかった時代との対比や熱中したときの成功体験の積み重ねがあって、後天的に熱中し続けられるようになると思う。
そして、フリースブーム後の「低価格をやめます」はプライド、人生をかけた哲学を感じるし、米国進出についての日本でどういう進出の仕方なのかというアナロジーは強烈。改善・改革は、強烈な反省の下でしか生まれないと自分は思っており(これはミスミ三枝氏の受け売り)、海外進出・展開についてもそのようにされていると感じた。
柳井さんが社内で一番ラジカル(急進派)です(笑)。
「老若男女、誰もが着られるカジュアルウエア」は、平等な服、民主的な服、ダイバーシティ&インクルーシブな服の先駆けですね。接客のわずらわしさから解放されたセミセルフ型で、合理的な美しさと低価格高品質を実現。まさにグローバルLifeWearになりました。バングラデシュからパリ、ニューヨークまで同じ商品を売っている稀有なブランドになりました(バングラは一部、ソーシャルビジネスで別商品を扱ったりもしていますが)。
今はデジタルイノベーション、全社改革プロジェクトに着手し、大量生産大量プロモーション大量販売型から、情報や生活者とともに服を作り利便性に合わせて良き場所に届けていくビジネスモデルへの転換を図っている最中です。
といったストーリーを私も考えているのですが、膨大すぎてまとめるのに四苦八苦しています(苦笑)。
いずれにしろ、柳井さんにとって、ユニクロは金の卵でもあり、自らの子どものような存在。一生、辞めませんよ、きっと。
成功におごらず、ずっと上を見続けて走っている方なのですね。

「人間本来の性質として、勝ちが三べん続くと、どうしてもうぬぼれてきて、油断をするようになる。(松下幸之助)」
ヒーローズ・ジャーニーに起きることすべてがここにあって、映画化しても多くの人の心に響きそうなストーリーです。柳井正さん、ユニクロのことを知るための基本にしてほぼ完璧なくらいの保存版の記事。

ファッション企業においては創業者の個性が強すぎて後継者問題に苦労するケースが少なくないですが、ユニクロも例外ではないのですね。
ストイックでなければ、自己否定と変化を繰り返しながらのこの成長はないですよね。
自分にも他人にも、正しく厳しいという印象です。

同族企業でありながら公開企業という後継体制の作り方に注目しています。

「2人の息子には、ガバナンスをやってもらいたい。同族企業でありながら、公開企業をやりたい。今の日本で言えば、トヨタ自動車ぐらいですかね。米国でいったら、ウォルマートとか、そういう会社。それがやっぱり、一番うまくいっている。そういう形が社員にとっても、公開会社で同族会社である形態にとっても、一番良いんじゃないかと思っています」
GUとの差別化も道半ばの有明プロジェクトもデジタル化もすべて解決します。うまく行きますよ。成功するまでやり続けますので。

ユニクロの最大の課題は1にも2にも後継問題でしょう。

ソニー、ホンダ、パナソニック・・・カリスマ創業経営者の後継者育成はどれもうまく行きませんでした。ソフトバンクもファストリもいったんご破算にしていますものね。

理由は簡単。創業経営者の心のなかに後継者へ譲る気がないからです。良いとか悪いとかの議論ではなく、創業経営者ってそういうものです。

昔、玉塚さんに聞いたことがありますが、それはそれは大変なご苦労をされていました。彼は明るい性格なのでサラッとお話しされていましたが。

世襲はないと公言されていても、まあ、結果、世襲でしょう。
インナーウェアはほぼユニクロです。他のブランドを買う気になりません。高品質で安い、というのが理由です。常に機能アップしているのもいい。

世界中の家庭のタンスにユニクロ製品があることをイメージすると、すごい会社なのだなあとつくづく思います。

経営トップのビジョンと日々の努力、ビジネスにかける熱量が、普通の企業とはちがいますね。
この連載について
ユニクロがいよいよ、世界一の座を掴もうとしている。トップ企業であるZARAとの時価総額の差は2兆円に詰まり、逆転は現実的なシナリオだ。山口県の紳士服店から始まったユニクロは、いかにしてグローバルブランドになったのか。NewsPicksがレポートする。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.87 兆円

業績