新着Pick
1046Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
渡部さんのコメントの通り、事業承継やM&Aにおいては創業者や既存の事業、いままで積み上げてこられたものへのリスペクトが非常に大事。間違いなくその時代にあった最高のものを造り上げてきており、まずはその歴史と努力を真摯に学ぶことから。
もちろん時代の変化に対しての変革は必要なので、その上で強みや歴史をいかした新たな打ち手を大胆に描く。まさに温故知新。
こうした大胆な変革のためにもまずは信頼作りが全ての仕事。
取材のときにお聞きした「M&Aプレイヤーは外科医みたいなものだ」という台詞が印象に残って、バナーコピーにしました。
違和感を覚えてクリックしてくれた人がいれば、狙い通りです笑

私自身、水と油くらい違う印象でしたが、なかには瀕死の企業もあり、それを助ける仕事だと説明されて、「ビジネス界のエッセンシャルワーカー」という言葉に納得しました。なるほどなるほど
聞けば聞くほどヒリヒリするような緊張感のある仕事で、これを「やりがい」と思って楽しめるのは、ある種の才能だなと感じています。
ヒリヒリしたい方(?)、ぜひ御覧ください。
アジアで銀行の買収に携わっていましたが、会社の運命や人の人生を左右するという点で「生き物」を相手にしているので小手先のファイナンスの技術だけではなく総合力が試される「総合芸術」というのは良くわかります。
中途半端な気持ちだと火傷するというのも同感です😂
この部分は本当に凄すぎ。
今のスタートアップ業界でここまでの迫力を出せてる会社は中々ないとおもう。

日本M&Aセンターが2006年にマザーズ上場した際の時価総額は200億円。14年後の今、それは9000億円にまで成長している。
M&Aはビジネスの総合芸術であり、そこに従事する人たちは、外科医のようなエセンシャルワーカーである、というのは同感です。そういう意味では、この領域のリーディングカンパニーである日本M&Aセンターのメンバーが、ほとんど未経験の人で構成されている、というのは意外でした。

事業会社でM&Aを携わる者から見ると、M&Aの世界がこの10年でものすごくオープンになり、人材紹介やエージェントのようにさまざまなプレーヤーのマッチングモデルが登場してきており、大きく変化してきているのを感じます。M&Aは手段でしかないものの、日本においては、もっと企業のエグジットの手段や成長の手段として知られて実行されていっていいと思います。
私も投資銀行時代にM&Aに携わっていましたが、一見華やかに見えて実は泥臭く、地味な現場です。「形の無いものを売る」商売だけに、「この人に任せてみよう」というクライントとの信頼関係が根本。ゆえに、無事良い結果に辿り着き、顧客からの感謝の声を頂いた時の喜びは代え難いものです。後継者難の中小企業、事業継続には、団塊ジュニアの大量リタイア時代を前に、M&Aを通じた事業承継はまだ伸び盛りの市場ですね。
20代の頃、大和証券とシティグループで、M&Aバンカーを7年ほど専門家としてやってました。クローズしたのは40件、ディール総額はEVベースで1.9兆円ほどトラックを積みました。

記事のとは少し仕事内容は異なりますが、必要なのはマルチな知識と実務処理能力と胆力。
来年の春から愚息がこの世界へ行く。新卒で務まるのかと大きなクエスチョンマークなんだが、育成と成長の機会が有れば何とかなるもんかも知れんなぁ、と云う読了感。最後は人間の総合力が試される職業ですね。
M&Aファームで360度評価があるのが面白いと感じた。
スポンサード!すごいなぁ