新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オンライン面接にも対応できないのであれば、入社後の対応も知れているということでしょうね。ハンコ出社もあるかもしれません。会社としては別に対応しなくても良いでしょう。ただ、応募者から選ばれない会社になってしまうと採用で苦しむことにもなり得るだけ。全体としてミスマッチが減るのは良いことでしょう。
採用する企業側が100%オンライン面接だけだと見極めが難しい、と課題を抱えているように、採用される側の転職希望者も一度は実際に企業を訪問しないと社内の雰囲気や社員の人柄などが分からない、と思っているということですね。

お互い利害が一致しているので、オンラインと対面とをどちらも組み合わせて選考していくということになっていきそうです。

一切オンライン対応していない企業はITリテラシーが低く変化に柔軟に対応していない会社、と烙印を押されてしまいますし、今は「リモートワークを導入している会社かどうか」も転職者が会社を選ぶ上での大きな判断軸になっていると聞きます。
私が転職者であれば、オンライン面接は最初の振り分けくらいにして、2回くらいはリアル面接をして欲しいと思います。

逆に、人事担当者であっても、オンラインはあくまで補助手段で最終決定はリアル面接で行いたいと思います。

人間にはオンラインでは絶対に伝わらないものがあるからです。

雰囲気や全体のしぐさ、上半身だけ見えていても足が貧乏揺すりしているとか...数え上げたらキリがありません。

会社にとっては、正社員にしてしまうと(今の日本では)厳格すぎる解雇規制があるため、簡単にクビにできません。

転職者としても、とんでもない転職先で「人生の判断を誤った」というケースがあるでしょう。

人材の流動性が確保されていない日本の状況を考えると、オンラインだけだと双方が悲しい思いをするケースが多いような気がします。
採用する側だとつい忘れがちですが、企業側は「応募者から選ぶ」だけでなく、「応募者に選ばれる」ことも重要。人材の流動性が高まった今、この視点は本当に重要ですよね。この視点を持ては、現状でオンライン面接という選択肢を用意しない理由はないでしょう。
「会社がリモート勤務に対応してくれない」ことがきっかけとなり転職活動を始めたという声も聞きます。今後はリモート対応しているかどうかが確実に人材獲得にも影響しそうです。
確かに、対面でわかることも多くあります。一方この状況下でオンラインを実施しない企業も”変化ができない企業”と見えてしまうのもまた一つの事実。オンラインではやりません、という企業が「弊社は社会の変化に柔軟に対応して・・・」と言っていないことだけ祈りたいです。企業カルチャーと実際に起きていることが合致していない企業を見極めるいいチャンスかもしれません。
その後の働き方も連想できますからね。

面接をオンラインで実施している企業=働き方もフレキシブルで、日頃の業務もオンラインを駆使。

オンライン実施していない企業=働き方フレキシブルではない。

などなど
オンラインで面接のようなことすらしない会社は、在宅勤務もさせなさそうだし、ダメな会社風情ということになっていそうなことになっているが、会社訪問することで得られる情報(オフィスがきれいか、トイレがきれいか、夜に来たのに人がいっぱいるとか)もあるので、ゼロか1かで決められない問題な気がする。まあ、忙しいとオンラインの方がありがたいというところは厳然としてあると思うが。
今の状況でオンライン面接をしないという事はリモートワークも積極的にやらず対面重視の会社である可能性が高そうですね。

そこである程度その会社が自分に合うか合わないかが分かってくる気もするのである意味ミスマッチが起きにくくて良いかもしれませんね。
これだけだと対応できてるか案外あやしい🤔
もちろん、出社で面接してくれってのもおかしいけど、肌感覚とか見ないと決められない部分もあるかと。
なんでテレワークしたいの?と聞かれたときにメリット言えるか肝な気がするw
関連記事一覧
採用面接で腹が立って「志望動機なんかありません」と答えたときの話。
Books&Apps
1242Picks

揺れるコロナ入社の若手、増える転職活動・退社するホンネ
Business Insider Japan
123Picks

コロナで急増「オンラインお見合い」だとリアルより成功率が2割高い
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
37Picks

【特集】withコロナの時代「新型コロナが社会の “開疎化”を進める」〜安宅和人氏(ヤフーCSO)
GLOBIS知見録 最新記事
36Picks

就活生の4割が第一志望でないのに「第一志望です」と言った経験あり
キャリコネニュース
23Picks

オンライン面接で好印象・高評価を得られる5つのポイント - ニュース3面鏡
Diamond Online
18Picks

不確実な「コロナ時代」を生き抜くには、徹底的に“悲観的”であれ | スイス人哲学者アラン・ド・ボトンが提言
クーリエ・ジャポン
17Picks

「新型コロナと気候変動、2つの危機と同時に闘う」アフターコロナの経済復興を考える Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常
FNNプライムオンライン
11Picks

就活の新常識「オンライン面接」で失敗しない9つの注意点Zoom録画でリハーサルを
ビジネスジャーナル
7Picks

フェラーリの純利益は95%減、新型コロナの影響 2020年第2四半期決算
レスポンス
7Picks