新着Pick
251Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
旅行事業者の立場からの本音トークです。

支援金を申請するためのシステムはまだ稼働してません。何を送ればいいのか未だ不明。
なので、何を根拠に利用者を把握されたのかは不明です。

7月分について支援対象の商品の予約詳細をエクセルで提出してくれと依頼がきたものは、1シートに20行、20予約を記載するもので、多い場合には、行の追加ではなく、シート追加してくれというもの。

節句、、、
1000予約で50シートなのだが、エクセルって何シートまで追加できるのだろうか?
DXの前にIT化が必要です。
他の方も言及されている分析、、、たぶん無理でないかと思われます。すべて手作業の繰り返し、csvアップロードにしてくれることを切に願います。電通にしとけば少しはよかったのかもと、現場としては悲しく感じているところ涙


そして、記事について、200万人とは、最大の半額2万円補助の4万円旅行でも、800億円の旅行需要、、、
この業界は、年間20兆円、月に2兆円。
あまりに少なすぎます。

200万人が利用した事実をどういう文脈で伝えられているのか?この文面だと、それなりに利用されたと聞こえますが、実態はほとんど利用されていないので、感染的にも影響は軽微です。というのが言いたいことなのでしょうか?

もう一歩、踏み込んで何言いたいのかメッセージ欲しいですね。
200万人のうち、gotoなくても同じ旅行してる場合はgotoの効果ではありませんので、割り引いて考えるべきでしょう。
また、東京除外で逆に旅行やめたケースもあるでしょうから、あくまでネットの上乗せ分がgotoの効果です。
>事業に登録したホテルや旅館で判明した感染者は計10人と比較的低水準

GoToを利用した人のうち何人をPCR検査したのでしょう?

多人数を検査していたら、10人やそこらでは済まなかったのではないでしょうか?

感染者数は人為的に操作できます。
200万人は何の人数なんでしょう?

A.旅行者の還付金申請数(※まだ振込されていない)
B.旅行代理店から申請数

の2つだとは思うのですが...
Aに関しては、まだ振込・処理などはされていないので、還付金を郵送した数にしかならないでしょう。
また、Bに関してはまだ7月いっぱいまでしか事務局に申請をあげていないので8月分の実績はわからないはずです。

Bは7月末までしかわからないとなると、1ヶ月間200万人という人数が何なのか是非詳細等を報告していただきたいです。

また、200万人が果たして思惑どおりの成果なのか、ビハインド気味なのか、ファクトから読み取る示唆も出していただけるといいんだろうなと思います。
200万人?通信社の記事だから限界はあるものの、官房長官の記者会見としては、物足りない。

のべ200万人と推定に留まる理由(実数を把握していない?)とその推定根拠、さらに経済対策だというなら経済効果の大きさとその評価を述べるのが「少なくとも」必要だろう。

プロジェクトの(中間)評価なら、プロジェクトの目標に対しての過不足を説明すべきで、感想や推定を述べただけではいけない。

記者が「所感」を聞いたりするものだから、主観的な感想に終始するのだろうか。子供の夏休みの読書感想文ではないのだから。

ブロジェクト管理が下手くそな印象がある。PDCAが回っていないから、同じ間違いを繰り返すことになる。
民間企業の幹部が、業績についてこんな感想や推定だけを述べたなら、おそらく経済記者から袋叩きにあうことだろう。
GoToの利用者が200万人だというのはわかった。
大事なことは3つ。
①GoToトラベルが、旅行における感染拡大防止のリテラシー向上に役立ったかという評価を行うこと。そしてその点での改善点は何か?ということ。
②GoToトラベルの真の効果(GoToによってネットでどのくらい旅行が増えたのか?という真水効果の測定)
③GoToトラベル利用者の属性や、移動距離(近場が多かったのか?長距離の移動が多かったのか?)
これらをエビデンスで示して、次につなげること。
言い換えれば、EBPMの検証です。
これは、GoToイート(外食支援)についても同じことが言える。
GoToイートは良いが(というか大いに期待したいが)外食における感染予防リテラシー向上に寄与しなければ意味がない。
GoToないケースとの比較は相当難しいので、前月比と前年比でクイックに見ていくしかないですね。
ちなみにもちろん私は対象外ですが、旅行予約サイトでは一律GoToのクーポン使った金額が出るのでものすごく需要意識を喚起していると思います。安っ!て思いますよ
国としてGoToトラベルの効果を喧伝するのは当然でしょう。キャンペーンによって人が外出するキッカケにはなるのでしょうが、限られたお金の使い道として、今がその時かどうかは検証されるべきだと思います。
少しずつ警戒心、恐怖心を取り除いていきましょう。

ノーガードとは言わずとも、「適度な」感染対策で十分。
GoTo利用施設で感染者が新たに出たかどうかも公表して欲しい。

観光業を助けるためにも、今の対策で営業をして良いのだ、あるいはここを直せば大丈夫だというしっかりとした数字が欲しいところ。