新着Pick
393Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
掃除ロボット「ルンバ」もインパクトがありましたが、この「オウル」も結構負けてない。

実際に体験してみると、なるほど、確かにリモートワークの人が置いてけぼりにならない意味がわかりました。

私もかつてシリコンバレーからリモート参加、編集部のチームが東京にいて、という会議がありました。一番困ったのは「音」でした。東京の会議室にいる、机の奥のメンバーが話していると全く聞き取れず、会話に乗り遅れがちになってしまうのです。

話者をしっかりキャッチする、という点でここは大きく改善されるなと感じました。

世界は、リモートとオフィスをうまいバランスで行き来する「ハイブリッド型」が主流になっていきそうです。世界の企業を対象にしたアンケートでも、リモートとオフィス通勤が半分づつくらいが最適、という回答が出ています。そういう状況では、こういったZoom落ちこぼれを防ぐツールは貢献度が高いかもしれません。
「アウル」といいたい。。。。

という冗談はおいといて、これは結構便利だと思ったので思わずポチってしまいました。日本だとソースネクストが代理店なのですね。結構なお値段。

Meeting Owl Pro(ミーティングオウルプロ)
https://www.sourcenext.com/product/pc/oth/pc_oth_002881/
これはナイスアイデアとテクノロジー!
リモートワークの人が置いてけぼりになる感覚を減らす素晴らしいアイデア!

本体に360度カメラ、スピーカー、8個のマイクが内蔵されており、誰が発言しているかを判断し、適切なタイミングで話し手を画面に映し出せる点です。テレビ番組で、スタジオのカメラが切り替わって、話している人にフォーカスを当てるというのを自動でAIがやってくれるイメージ。

搭載導入を検討したい。
1:nでの会議で困るのは、nの環境でハウリングしたり、雑音がはいったりすること。話す人の前にパソコンを移動するということもあります。

それが解消でき、発言者にカメラが自動的に切り替わるのは優れもの。フクロウのような可愛らしい姿もいいですね。
うちの学科にもありましたねぇ 使ってみたかったのですが、機会のないまま在宅になっちゃいましたねぇ
さすがに視点は、すばらしいですし、機能もよい感じです。

ただ、残念なのは、以下の2点です。私にとっては「おもしろいけど、買わない製品」に分類されます。

1.あればうれしいけど、なくても大丈夫
必須機能ではないということです、これで生産性は上がらないと思います

2.日本企業の現場を知らない
やはり現場を知らないということは、市場を理解できていないと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
まさに、昨日この問題が起きていたので欲しいです。
そして、今、秒で提案しました。
人の目と耳の感覚をどこまで再現できるか?テクノロジーがリモートのストレスを解消するたびにこの問いに答えていくことになるのだろう…と想像します。
今、一番気になってる商品。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。