新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Wechatは単なるチャットツールでなく、決済ツールとしても中国で4割程度とアリペイに次いで広く普及しております。

また、月間アクティブユーザーは12億人でモーメンツというタイムラインを使って消費者にアプローチするマーケティングも企業の間で盛んに行われております。

このように決済、マーケティングツールの要でもあるWechatをアメリカが禁止にすると中国でビジネスをする米国企業(ディズニーランド、Starbucks、KFC)にも影響は出てきそうです。
中国国内でもアメリカ企業にwechatの使用を禁止させるのは、中国でビジネスするな、と言ってるようなものなので、そこまで奇跡はしないと考えています。
ただ、中国国内でアメリカ企業に対する風当たりは強くなる可能性はあるかもしれないので、そちらを心配した方がいいかもしれないですね。