新着Pick
285Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ボーナスが不本意で、自信がある人は、新しい挑戦をすればいい。

どうせ辞めるのなら、もらえるものはもらってからと考えるのも無理はありません。

ただし、転職先で納得がいくボーナスがもらえるかどうかは実力次第。その前に、転職できるかどうかが問題です。

自分の市場価値を、冷静に見極めましょう。
多分、世の中の殆どのビジネスパーソンは気づいていることでは?
ほとんどの会社でボーナスの支給要件に支給時点在籍を置いているので、その傾向は理解できます。
転職市場が活性化するのもボーナス季節に向けてですしね。世の中つながってるなって実感します。
会社との信頼関係なのかなと思います。

私は前職を辞めるとき、退職時期は会社に委ねて、6月に伝えて12月退職になりました。

8月のボーナスは業績への貢献も偶々大きかったので過去最高だったし、12月のボーナスもそれなりに貰えて大変感謝しました。

ボーナスは過去の評価に対するものですし、ボーナス後にもちろん辞めることを伝えてもいいと思いますが、それなら残る人に多く出してあげたいとの考えも解ります。

退職する側としてそこを恨んでも誰も得しない。

お陰で退職後も前職と仕事の関係もあり、別の形で返ってきていると思っています。
これは取り立てて20台に限ったことではなく、海外でも賞与後、大型連休後、年度の変わり目で退職を申し出る人はいる。

記事にもあるが、当人が区切り良いと考えたタイミングでの申し出であり、「言い出しにくい」事が、そんなにもタイミングに影響しているのか?と考えてしまう。何れにしても辞めるのだから…
タイミングは人それぞれ。
企業側が終身雇用を約束できなくなった以上、個人のキャリアは個人で考えないといけない時代なので、退職が縁の切れ目になるのではなく、
リレーションとなって退職・復職が普通になる社会になると良いですね!
賞与前〜賞与後の3ヶ月くらいまでが退職申出の限度でしょうね。
4〜5ヶ月経過すると冬の賞与がちらつき始めますから。。。
株式会社学情(がくじょう)は、大阪府大阪市北区に本社をおく就職情報誌会社。 ウィキペディア
時価総額
188 億円

業績