新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MaaSは 便利さを追求しますが、便利なだけだと高額で使いにくくなりますので、リソーセスの効率運用も重要になります。リソーセス効率の向上には、多少のサービスレベル低下(相乗りなど)などが思いつきますが、課題を真因まで追求すると、D.需要と S.供給の全体最適化ニーズに たどり着きます。D.需要はMaaS利用ニーズ、S.供給にはクルマとその運用ですが、もっと崩して次の群に分類できます。

Dp.潜在需要...MaaS利用の可能性
Da.実需要1...MaaS利用待ち(オンデマンド)
Dr.実需要2...MaaS利用の事前予約
Sc.供給1...車両
So.供給2...ドライバー、スタッフ
Sf.供給3...運用で使える場所/設備(整備、補給、乗降場、駐車等)
その他...荷物、荷役、制約、前提など

「できる事を多く」してくれるマイクロソフトのアセットは、記事で言及されてた様に、S系システムの運用基盤も有りますが、D系の情報整流化に強みが有るという事です。デジタルトランスフォーメーションを通して明確になる日々の活動、リアルタイムトレーサビリティが形創る DrやDp情報を MaaSシステムと連携させる事で、サスティナブルな少コスト × サービスレベルの最適化レベルをぐっと向上させて来るに違いありません。 記事にはなかったですが、SoやSfの継続改善を支えるアジャイル開発支援も強いはずです。

あとは予約キャンセルなど、無限のトラブルに自律的に応じるジャストインタイム&自働化なMaaSオペレーションをベースにした世界をイメージすると、人々の移動の自由が拡大されて一層 豊かになる未来が思い浮かびます。
これまでのMaaSは移動を中心に語られていた印象がありますが、この記事は実生活への恩恵が分かりやすくイメージできます。近未来のものと思われていた働き方が現実に行われています。

働き方と結びつくことで、企業や個人にとってMaaSは他人事ではなくなってきました。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
207 兆円

業績