新着Pick
The Wall Street Journal
米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズとリフトは21日にもカリフォルニア州での配車事業を一時停止する可能性があると述べた。ドライバーをどう分類するかを巡る同州との戦いはエスカレートしている。  カリフォルニア州は5月に両社を提...

この記事は有料会員限定の記事となります。

58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予想・予定通り推移しているのみ https://newspicks.com/news/5144379?ref=user_143212

最後の一文 >> 一部のドライバーが必要な時や好きな時に働ける現行モデルの維持を望んでいる一方、カリフォルニアのいわゆる「ギグワーカー法」が提供する保護を歓迎するドライバーもいる << これに尽きると思うが、なぜ単純に日本のように一定給料で区切るなどしないのか。そのあたりに政治やポピュリズムや格差問題等々が見え隠れする。
ウーバーとリフト、21日にも加州で事業停止か。これどこかに適切な落としどころを見つけださないと、誰も得しない結果になる。カリフォルニアでライドシェアなかったら移動できない… 労働時間である一定を超えると社員扱いとか柔軟な対応はできないのかな?
運転手を従業員にしてしまうと、ウーバーもリフトも従来のタクシー会社になってしまいます。

ライドシェアというビジネスが崩壊してしまいます。

労働者保護とユーザーの利益が対立する局面であり、フリーランスの比率が大きい米国では大きな問題になるでしょう。
本丸でもこのバトルが。下手するとブラジルがUber人口最大になる日も来るのでは?(現状約2割で2位と言われています)
ドライバー保護はわかりますが、そもそも論としてのUberの立ち位置が覆されてしまうとなると、他のPFやシェアサービスに思わぬ影響が出てしまいかねません。
硬直的な法律構成はこれからの世代に歓迎されないように思いますが...
フリーランスのリスク・リターンの取り方
一旦体験した(社会が、人が)便利さを無くしてみたら、
必要となって、バランスされたルールに更新する、ということでしょか。
シリコンバレーで失業者が更に増えそうな気がするが…