新着Pick
1164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大切なのはそこに行く意味。
そこで買う意味。

ますます体験価値の重要性が増しています。

場所 人 サービス もの そして物語。
どれだけリアルの迫力が作れるか。

ヴァーチャルの便利さも否定しないけれど五感を全て使ったリアルの体験は記憶に残る期間も圧倒的だと思うので。

これから試されるリアル!強めてこその未来の市場だと思います。
挑戦あるのみですね。
スピード感を持って対応すべきです。国からのサポートが切れるまでの時間の中で。今のぬるい教育環境を経てきた人材の育成と会社の進化を同時に進めるにはかなりの労力ですがこの危機をチャンスに変えるにはトップが動かなければならないと思います。Instagram(htsujiguchi)からのライブを組み入れ各店の店長とのトークライブや新作紹介などを積極的に取り入れてモチベーションのアップを図ったり、一緒に考えて発表することでやらされている感を無くし指示待ち意識を減らす事をやっています。その影響はかなり出てきていて数字に繋がっています。
コロナによる意識改革とネットによる販売を強化する事でアフターコロナ時代を乗り越え更に伸ばしていきたいと思います
元々目的来店性高く、既存店を伸ばしながらも売上構成比の60%超がリピーターだった企業・店舗は影響受けども営業利益回復は早かったです。逆に衝動来店メインで店前通行量次第の業態は、立地見直し急務。売る力(集客する力)を外部環境依存にするのは改めて怖いと感じた次第です。
自分も、#アフターコロナ の書籍を書いて欲しいと、複数の出版社から頼まれましたが、未だに受けていません。
というのも、これまでの、アフターコロナは、時代が少し加速化した世界だと思うので、あえて書く必要がないのではないかと思うからです。
なので、この書籍のタイトルは、その通りですね。
飲食店ではないですが、デジタル書籍が増える中でインテリアや美術館の様な体験型テイストの本屋も近年出てきていましたが、やはり「体験」は重要な要素となるでしょう。

https://newspicks.com/news/4263008/body/?ref=search
小売業界では、2000年前半からCS(Customer Satisfaction)の向上がどこの企業でも謳われてきた。しかし、当時のCSはサービスの均一化、いわゆるサービスのマニュアル化が進められていった。これはライトユーザー向けサービスのボトムアップに繋がった一方で、優良顧客のマニュアル偏重サービスへの不満やクレームの増加も招いた。
その後、スタバのように判断基準を理念に置き換え、マニュアルを用いない接客サービスにチャレンジする企業が増加し、どの顧客にも対応できるサービス提供を模索していった。

コロナの影響により、飲食店に関わらず、リアルに関わらず、店舗への信用はブランドイメージから人に変わっていくように思う。

ちなみに私の妻は趣味でメルカリの販売をしているが、緊急事態宣言以降の一か月で売上が通常期の5倍程度増加した。
これは物理的にリアル店舗で物を買えないということもあるが、それ以上に大きかったのは既存フォロワーの存在だった。
コロナ以前からメルカリのフォロワーが300人いたことで、その300人の方がリアル店舗で物を買えない状況になった時に、購入の選択肢としてすぐ妻のアカウントを想起して頂けたことが大幅な売上増に繋がったと思う。
またそこからフォロワーも2倍近くに増加した。
ちなみに妻はビジネス観点は0に近く、ただ問合せや発送に対して根絶丁寧に対応するタイプ。

この事例からも有事の時に行動を取り始めるのは全然遅く、通常時から顧客との繋がりを獲得しておく、顧客とトレンドのデジタルツール(メルマガでの繋がりは、もはやあるに越した事はないというレベル)繋がりをつくるところに投資できるかが、企業の生死を分けると思う。
インバウンドなどを中心とした「なんとなく寄ってみるか」需要は大きく減っていますが、固定客を持っている店舗は厳しいながらも採算をコントロールできているのではないでしょうか。
札幌市ススキノの私が良く通うお寿司屋さんは4月5月も何とか黒字だったようです。(もちろん、デリバリーなども含めお店の努力が半端ではありませんでしたが。)
このお店は、以前からインバウンドなどは断り、常連客の紹介を中心に客層をつかんでいました。
顧客とのエンゲージメントが大切という好例だと思います。
>まさにコト消費であり、場所とヒトの消費なのである

外国人観光客も「モノ消費」から「コト消費」に変わったと、2年くらい前から言われました。

「場所とヒト」揃えても、うまく発信しないと消費につながりません。

インスタ映えする「場所」というのも、重要な要素になってくるのではないでしょうか?

もちろん、店側で(敢えて)インスタ映えする場所を作り出しても構いませんし・・・。
お客様に如何に新しい価値や発見を提案するかが、リアル店舗の役割だと思います。リアル店舗は潜在ニーズを掘り起こし、ネットは顕在ニーズに如何に早く対応するかだと思います。
顧客との関係性が作れている飲食店しか生き残れない時代になりました。
近隣の飲食店を見ても、駅から離れていても顧客との関係性ができていた飲食店は満席で、コロナの影響が見えません。

本来飲食店(サービス店舗)の集客(来店動機)には、メニュー(目玉商品)、人(面白い店長等)、立地/利便性(自宅/職場に近い)などの掛け合わせで集客しています。
コロナの影響で珠に行く外食に対し、店舗側がどんな来店動機を与えて満足させることが出来るか、真価問われます。