新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「光盤運動」そのものは数年前からすでに取り組んでいます。

私が初めて中国を訪れた90年代の時、中国人の友人のご両親に食事に招待していただき、とても食べきれないほどの料理がでてきて驚いた記憶があります。

中国語を習い始めた頃の教科書にも、「食事に招待されて料理を食べてしまったら『足りない』と思われるので少し残す」といった記述があり、文化の違いを感じました。

ただし家族や親しい人との会食の場合、中国では一般的に「持ち帰り文化」も広く普及していますので、たくさん注文しても、家に持って帰る人も少なくありません。
中国ではこれまでも、光盤(食べきったきれいな皿)運動が打ち出されており、一時期は完食したお皿をSNSに投稿することがブームになったといいますが、今はあまり実効力がないようですね。

農業従事者の減少、主要穀物や肉の自給率の低下や輸入量の増加が問題視される中、コロナや自然災害など本気にならざるを得ない状況が重なり、テコ入れが必要となったのでしょう。

いずれにせよ、食品ロスが発生することは、ただ食品がもったいないというだけでなく、食品が食卓に上るまでの労働力やエネルギーが無駄になるということです。例え文化や慣習があろうとも、過剰なロスの発生源から対応するのは理にかなっていると思います。
この時期にこの報道からすると、現在発生している長江流域の大洪水とバッタ被害で農業にダメージを受けており、秋以降深刻な食糧不足に陥ると予測しているのでしょう。
中国の報道は、その内容そのものでなく、裏で何が起こっているか推測することが重要です。
シンガポールでもこの文化はホントそうでとにかく皆注文し過ぎ。地球上のフードロスの圧倒過半は申し訳ないが中国系の方々なのではと思ってしまう。良い試みで是非定着してもらいたい。
人口が多いので、中国での食品ロスの低下は世界にとっての良いニュースですね。

ご存知のように、昔から中国にある「足りなかったと思われるといけないので、少し残す」といった文化が、この取組みでアップデートされるのか?

注目したいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
帝人株式会社(ていじん、英:Teijin Limited)は、本店、本社を大阪市北区に置く、日本の大手繊維事業者。帝人グループの中核企業であり、事業持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,623 億円

業績