新着Pick
472Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
強いチームをより強くする名将もいましたが、強くないチームを強くする名将は多くありません。なかでも、ここ数年注目されているのがRBグループ、そしてラングニックでしょう。

・1人の選手のインテリジェンスより、グループのインテリジェンスの方が優れている
・パスミスをチャンスと捉えている
・スタッフに対して『なんでも自分の方が知っている』というような接し方ではなくなった

プロ経験のない苦い時代を生き抜いたラングニックのすごさは、経営的視点をもった監督でありディレクターだったということです。明日、ライプツィヒは欧州ナンバー1の戦いに向けて準決勝を戦います。
モラスさん(ヴィッセル神戸コーチ)に「教授」ラングニック についてインタビュー! 偶然にもRBライプツィヒのCL準決勝当日のタイミングに。個人的に彼の戦術は『footballista』でよく書いてきましたが、マネジメントの手法を網羅したのは初めて。伝説の経営者たちに愛される理由がわかりました。
皆さんがご指摘されているミスの概念を変えるとかスピードを体に覚えさせる練習は私もなるほどと思いました。規律に関してはいろいろな意見があるでしょうが、今の上司は「自主性」「ほめて育てる」「ハラスメント」ブームで最低限の規律も教育することができず、結果として才能を自分で浪費してしまう若者も結構いるのではないかと思います。

ちょっと野村監督を思い出しました。
ビジネスにも当てはまる教えがたくさん。モウリーニョと一見似ていますが、スポーツディレクターとして経営でも手腕を発揮し、イズムを継いだ弟子を多く生んでいる点が異なりますね。
とても面白い。マネーボールもだが、これまで定量化・情報化されていなかったところを分析するのは、定義・概念から始まることだと思う。それが検証された後はともかく、先行することはクリエイティブで極めて困難、一方でこれまで説明できなかったりセオリーとなっていなかったものが変わっていくというのはイノベーションそのものだと思う。
準決勝が一層楽しみになる記事!
「学び続けて変化し続ける」、成長にはこれしかないですね!
素晴らしい組織論とリーダーシップ論、ダイバーシティが随所に散りばめられ、そしてその哲学と科学の融合が素晴らしい。
パスミスを取り返すアクションとセットにする事で、前進するための選択肢の一つにするという考え方は、眼から鱗でした。
ビジネスにも応用可能な考え方だと感じました。
まるでマンガの世界。今日のネイマールとムンボッペが所属するPSGとの対戦が一層面白くなりました。
pick