新着Pick
255Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オンライン化の環境下では、"見えないこと"は、"伝わらないこと"を数ヵ月の間に学んだと思う。日常のコミュニケーションの"当たり前"を、改める必要がある。お互いの関係性に基づき、相手が分かる状態を目指したい。個々人により、求める情報の量、粒度、頻度は異なる。情報の"見える化"も、一方向ではなく、双方向であるべき。お互いに分かり合うために必要なことを予め会話して、お互いに求め合う、"見せる化"が必要となる。自身をアピールするだけの情報の押し付け合いは、コミュニケーションとは言わない。お互いの関係性を成立させるために必要なことを考えたいですね…。
オンラインの状況で意識してコミュニケーションをとること。
その際の適切なツールやタイミングを考えることは重要だと思います。業務の結果が結果が見える化されて行く中で、意識してプロセスも見せることは悪いことではないかと。
一番大事なことは、結果を出すことで、上司から「あいつには任せておけばよい」という認識を得ることだと思います。

それができないので、他の努力が必要となるのですから。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
仕事している努力を見せる努力をするとは・・・。記事でも少し触れられている通り、結果重視に切り替える事が最善策だと思います。

記事で紹介されている内容は、仕事している努力というより存在感を表したいという方が本音な気がします。それだったら雑談がベストかと。雑談なら、辺に身構える必要は無いですし、そこから仕事の話に発展することも十分あります。