新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日のダラCEO発言がbreaking newsとして駆け巡った。お膝元でイノベーションの象徴の地アメリカ西海岸においてUberが事業を(一時的に)閉鎖せねばならないかも、という発言だ。

理由はカリフォルニア州が制定したAB5というギグ法案について、州政府がこのたび強制執行を裁判所に求めておりその旗色が悪いこと。

要するに、UberダラCEOの言い分は、ただでさえ薄利なところドライバーの社保を会社持ちにしたらネガティブマージンになるので、カリフォルニア州では事業できません、と言っている。

もっと言えば他州や世界への牽制を狙った、あえての発言。つまりは「あんたら本当にいいの?Uberが使えなくなっていいの?どっちを選ぶの?」と言っている。
Uberは立ち上げ当初に白タク事業としての合法性を各州から問われた際に、この手の「take or leave」的なアプローチをよく実行してましたね。その際には、Uberがなくなると仕事がなくなり困るgig worker等が声をあげて、Uberがサービスを残せるように州側が妥協する、という結果になっていたと認識しています。

そもそもlegalにグレーな領域を攻める際に、サービス拡大を急速に進めて、ユーザーやサプライヤー側を先にロックインした上で行政と交渉するというのは、極めてよく考えられたアプローチだなと思います。
シェアワーカーには雇用と同等の保障を望む人もいれば望まない人、どちらも存在するので多様性に合わせ希望に応じて適切なサポートを選択できるよう設計が必要だと考えています。シェアエコのルールメイキングにおいてはワーカー、事業者、行政の3者間で議論ができる場が本来理想である一方で、従来の労使的価値観で協議が進み、結果的に補償を強く求める声が大きくなる傾向にあると考えています。3者間協議の仕組みとしては台湾が進んでいますね。
この動きは既に世界的なトレンド。
ライドシェア事業者が囲ったギグワーカーに、労働者としての権利を担保することを義務化する流れ。

ドイツや韓国、そして日本に代表される、乗務員に対する社会保障などが最初から義務化されている国(=ライドシェアが法的に禁止されている国)は、モビリティサービスでは周回遅れだったが、労働者との健全な関係を堅持してきたが故に、一周まわって先頭に立てるチャンス。

当社もこの機を逃さずしっかり勝ち切りたい。
シリコンバレーというスタートアップの聖地でUber使えなくなったらおおごとだ…
実際にカリフォルニアでUberやLyftなどが撤退すると不便極まりなく生活に支障が出る。どう折り合いをつけるのだろう。要注視
Uber CEOは創業者が退任してからダラ氏に代わっている。
彼はエクスペディアを率いていた経営者。

ウーバーの次期CEOに指名 —— ダラ・コスロシャヒ氏とは?
https://www.businessinsider.jp/post-103228

こっちのポッドキャストを聞いた方が人となりもわかるかも。
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/masters-of-scale-with-reid-hoffman/id1227971746?l=en&i=1000440648847

Uber はそもそものビジネスモデルや会社の成り立ち、スタート地点がスタート地点だから、どう大人に振る舞おうとしても、なかなか難しいところはある。タクシーと同じにはなりたくない一方で、それしか道が無い可能性もある。カリフォルニアからuberが消えたら困る人は星の数ほどいるだろうが…
今ウーバーのサービスがなくなったら、たちまち困る人がかなりいるはず。
カリフォルニア州の都市ダウンタウンは駐車場代がバカ高いですし、車を駐車しておくリスクもあるので、ウーバーを使って通勤している人がいますし…
→今は在宅ワークでしょうか?
ホテルでもウーバーがタクシー代わりですしね。

ウーバーでも、フルタイムで働いている人とそうでない人とは分けて考えるのが現実的だと思います。
その辺り細かい内容はどうなっているのか?今一つ、読んでもしっくり来ないです。
海外の場合は、ウーバーなどの配車サービスの方が、通常のタクシーよりも安全で、低コストなので、利用者にとっては残念な状況です。

旅行者などの土地感のない人たちにとっては、米国でどのタクシーに乗って良いかを判別するのは難しく、不安な面があります。一方、ウーバーの場合は、事前に大体の運賃がわかるし、乗っているときにアプリ上で、目的地とルートも表示されるので安心感があります。

また、運転手は利用者に評価され、それがアプリ上でも反映されるため、運転手は少しでも評価を上げようとサービス向上に努めます。遠回りして、運賃を上げようとする悪徳タクシードライバーのような運転手が発生しにくい仕組みです。

ウーバーは、運転手による事件などが大きく報道され、これまでも悪い面がフォーカスされている印象がありますが、個人的には、米国でタクシーや遅い時間にバスや電車などの公共交通機関に乗る場合よりも、はるかに安全な印象があるので、カリフォルニア州でウーバーの事業が閉鎖になるのは、とても残念です。
Uberの事例ではありませんが、カリフォルニア州では2018年に、会社の指揮命令を受けないことなど一定要件を証明しない限り労働者に該当するという最高裁判決が出ています。
これを受け、今年の1月に法整備もされています。

労働者保護も重要ですが、UberをはじめとするいわゆるギグワーカーPFは、そもそもこれまでの契約構造(経済構造)を前提としていない点に留意する必要があるのではと思います。