新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たしかに会議数は増えているように感じる。 時間が短くなったという実感はない。 
以前は、移動の時間に考えたり息抜きをしていたが、バンパー2バンパーで休憩もなく次の会議,,, というケースも増えているらしい。
会議の質と参加者の負担度合いも評価したい。
会議数は増えても、会議の時間自体は20%減。通勤時間や会議と会議の間の移動時間がなくなったことを考えれば納得の結果です。

オンライン会議が効率化されればされるほど、コミュニケーションの中で業務に関する話の割合が高まり、リアルなコミュニケーションよりも雑談の時間がどうしても減ってしまう傾向にあります。
関係構築や会社やチームへのロイヤリティ維持のための工夫が必要になっていると思います。(懇親会や飲み会が極端に減ったことが一番大きな要因な気もしますが。)
たしかにZoomなどのオンラインツールが会議の主たる舞台になることにより、会議の短縮化が進んでいる一面はある。それには、形式的な会議が一層形式化した結果としての短縮化という側面があるのも事実。音声が途切れたり、映像が見えにくいことによって、一部参加者が会議の「傍観者」になる結果、深い議論が行われず会議自体の時間が表面的には短縮化しているというケースが少なくないのも事実だと思う。これはテクノロジーと通信環境の改善などのインフラ面の対応によって乗り越えるべき課題だと思う。