新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「コロナ倒産」のニュースはたしかに目立っているものの、全体の企業倒産はそこまで増加していない。全国全業種における2020年1~7月の累計倒産件数は4790件で、前年同期(4781件)を9件上回る程度にとどまっている。

日本政策金融公庫や民間金融機関による無利子・無担保融資が、倒産抑制に一定の効果を発揮しているもよう
都内の百貨店、インショップは何処へ行っても閑散としてますが、それと同時にお店の店員が良くも悪くも目立ちます。
今まで人混みで気にならなかったですが、明らかにお客様を受け入れる体制になっていない状況ををちらほら目にします。
大変な状況は変わりませんがこんな時こそ、気持ちの良い接客ができる所が、今後も生き残るのだろうなと思います。
東京でビジネスをすることのリスクが、数字として如実に出てきました。
東京倒産100件。
帝国データバンク阿部記者の解説です。
飲食に限らず、土産店やアパレルは相変わらず厳しい。ほぼすべてのリアル店舗がCOVID-19の影響を受けています。日本経済の火を消さないために、政府と消費者が一体となったサポートが必要です。
飲食店は一気に潰れそうですね。。
コロナの怖いところの一つは、個々のコロナに対する考え方が違うところ。
飲食店へガンガン行く人と全くいかなくなった人、どちらをお得意さんに、また近隣に抱えているかでも売り上げが変わりそう。

一時はテイクアウト隆盛になりましたが、結局店で食べたほうが美味しいことと、手間やゴミ、手数料など増えるものも多いことから落ち着いてきた印象。
こっからが勝負、というか倒産などが一気に増える局面な気がします。。
基本的には、でていくお金を一つ一つ検証して必要のなかったものを、おれはアホやったわ〜と反省しながら払わないようにするしかないもんね。

月に何万円かありました。本当にバカだったなあと思う自動引き落としがありました。
廃業を選択した場合、帝国データバンクや東京商工リサーチには引っかからないのか。データでは追えなくてもひっそりと店を閉じてるところが沢山あるのだろうな…
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。
株式会社帝国データバンク(ていこくデータバンク、英語: Teikoku Databank, Ltd.、略称: TDB)は、企業を専門対象とする日本国内最大手の信用調査会社である。 ウィキペディア

業績