新着Pick
667Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際に、「今日は成城石井に買い物に行かなきゃ」という日があります。
記事中にも出てくるフォーガーが食べたくなったり、少し手の込んだ料理をする時に松の実が必要になったり、成城石井にしかない商品が結構あります。特にポストコロナにおいては、自宅でこだわった手料理を作る方も増えているので、他にはない調味料や商品へのニーズが高まっているのでしょう。
多くのスーパーがデータ活用によって、売筋商品の品揃えを行い売上の最大化、効率化を図ろうとする流れとは一線を画し、独自のこだわりを継続し、その強みを活かされている経営は参考になります。
成城石井のここ十年の躍進の秘密は商品力ということですね。値段が高い分どれだけ品揃えと単品の質にこだわれるか次第でしょう。
ちなみに180店舗で売上高900億円強なので、店舗辺り売上は約5億円。コンビニが2億円、ドラッグストアが5億円、スーパーは10-20億円なので、立地を生かした中型店舗という意味ではドラッグに近い事業スタイルなのかもしれません。
トリックがなにもない、ただただ成城のお客様に良いものを、選び、作り、開発し続けたらいまのMDに、と。
一件地元の育ちのいいスーパーですが、買収劇はなんどか。

独資からレックス、ローソンの傘下にうつり出店戦略は様変わりしたが物作りには手を入れなかったのか。
ワイン、食材、輸入には本体と大きなシナジーありそうですが、詳しい方からのコメントを待ちます。

いかんせん、いまの巣篭もり需要にドンピシャのスーパーです。プレミアムチーズケーキは株主が変わろうと味は変わらず。
商品力 差別化 ターゲッティング  大切なポイント。

そして常にお客様を見た商売をすること。
いかにご満足いただくかにこだわるとこうなる。
一部の方から見たら高いと見える商品もターゲットから見たらこの品質でこの価格は「適正」となる。

目と舌の肥えたお客様にいかに喜んでいただくか。ここをこだわりポイントにしているのですね。
成城石井はすごいですよね。スーパーというより、製造小売業(SPA)と受け止めたほうが正しいのではないかと思います。

ローソンを買収した際、玉塚社長(当時)は、「小商圏の製造小売業という本業の強化だ。成城石井は原材料調達から製造方法まで非常にこだわっている。粗利率が約40%と高く、一方で生鮮品の構成は20%以下で、都市型生活のニーズを満たすモデル」と発言していました。
https://toyokeizai.net/articles/-/50378

たとえば、それを象徴する商品が「プレミアムチーズケーキ」です。これはいま通販で購入でき、2本で2200円です。成城石井の看板商品であり、その品質と価格を考えると、想定される競合は専門店ですね。
https://www.seijoishii.com/d/55236

もうひとつ、私が気に入っているのが「手巻納豆」です。こちらは1590円。180gの大袋ですが、「えっ?」と思うほど高いと思いました。ただ、これがおいしい。いつも食べ過ぎてしまいます。そして、ほかでは買えない特別な商品です。
https://www.seijoishii.com/d/72694

この記事のまとめは「成城石井に置かれている商品には、あらゆるものに、こだわりと手間が詰まっている。すべての商品に、ストーリーが隠されている」とぼんやりとした形になっています。これは裏を返すと、身も蓋もない言い方になります。

つまり、「すべての商品に、ストーリーが隠されている」と消費者に訴求することが、成城石井の競争力の源泉なのです。ほかにない商品であれば、価格は引き上げやすくなります。プレミアムチーズケーキも、手巻き納豆も、「ほかのスーパーではやりきれない」という商品に対して、「作り込み」というストーリーを載せるのが、成城石井の戦略です。SPAとはかくあるべきというお手本のように受け止めています。
ポジショニングが明確で、顧客のニーズを先取りした品揃え、立地、サービスが 成長を支えている。 価格帯は高めだが、ここにしかない商品が、人気商品となりリピート購入を支えている。大手スーパーや、コンビニとは違うターゲットとポジショニングは マーケティングの勉強にもなる。
成城石井は高級スーパーではなく、「SPA型の食品専門店」だと思ってます。ユニクロやニトリの食品版です。
ちょっと違う観点から。すごいと思うのは、高価格帯で経営として業態を成立させていること。
ローソンの子会社でセグメント開示があるのでそれを見ると、売上932億円・営業利益83億円・総資産719億円。ほかの食品スーパーを見ると、営業利益率は大体一桁前半%、総資産回転率は2~3倍が多いので、資産回転率は重め。
消費者は安くて良いものがほしい。だから、多くは安いものか良いもののどちらかに行き過ぎて、利益が出ない。成城石井を日常使いのスーパーとして使う方もいれば、お総菜屋さん・専門店として買いに行く方もいるだろう。こういった色々な頻度で「高くてもここで買いたい(WTP:Willing To Pay)」を成立させて、ちゃんと利益を出している。
その背景に、記事にあるような貿易会社や物流、製造でのこだわりなど、それを成立させる経営の取り組みがある。

井口さんのコメントにあるようにコロナ禍での既存店売上がすごい。それは、外食ができなくなりスーパーシフトが起こる中で、この元の強みを生かして、家でも良いものをという需要がとれたこと、またRF1のようなデパ地下立地ではなく独立店舗が多かったから営業が続けられたことも追い風にあると思う。
商品力に加え、成城石井の出店戦略が巧みである点も、絶好調である理由の一つだと思います。デパ地下(渋谷)、駅ナカ(東京駅)、駅ビル(目黒、五反田、恵比寿)、駅前(成城学園前、二子玉川、下北沢、浜田山)等々、収益性の高い立地を上手に選定し、同時に立地にあわせて店舗も多様な形態をとっています。

コロナ禍で、最小限の外出で美味しい食材やお菓子、ワインやチーズや総菜などを調達したいと思う人にとっては、非常に使い勝手の良いスーパーなのだと思います。
成城石井の強さは買い物をしていて楽しいところにあると思っています。プライベートブランドのクオリティも高いし、新しい商品や見たことのない商品を選んで楽しむことができます。

成城石井とカルディの強さは買い物をしていて、楽しいことだと個人的には思っています。
株式会社成城石井(せいじょういしい、英語: SEIJO ISHII CO., LTD.)は、関東地方を中心に、中部地方、近畿地方に店舗を展開する高品質な食料品主体のスーパーマーケットチェーンである。各店舗には倉庫が無く、コンビニのようにその日に必要な商品を物流センターから店舗に小分けして送る仕組みができているのも特徴である。 ウィキペディア
東急株式会社(とうきゅう、英語: TOKYU CORPORATION)は、東急グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,673 億円

業績