新着Pick
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日たまたまお昼にサラダバーとドリンクバーがあるお店でした。

◯入店時検温、消毒
◯取りに行く時は毎回マスク
◯個人のトングで取る⇨取り終わったらトングはトレーへ⇨次に取るときはまた新しいトング
◯利き手にビニール手袋⇨取り終わったらゴミ箱へ⇨次に取るときは新しい手袋

というスタイルで、何が実際に良くて、何がリスクがあるかは分かりかねますが、各店の工夫を感じました。
直近まで活況だった法人向けパーティーケータリング。ビュッフェスタイルですが企業集まりが壊滅した事で3月から都内のトップ企業数社ですらほぼゼロが続きます。(対策としてはtoCのデリバリーに参入)

逆に郊外型ファミリータイプのビュッフェ企業を見ると7月で昨対110%で着地されていました。同じ業態でも、安心対策をやった上でも立地・用途で大きな差が出ています。
地方の旅館では、ビュッフェと部屋食・個室食の2つのスタイルを提供している施設がありますが、コロナ感染状況によって、お客さまのニーズは都度変わってきています。
緊急事態宣言解除後の感染者数が落ち着いていた時点ではビュッフェスタイルを希望するお客さまも多かったですが、現状は部屋食・個室食のほうが選ばれる傾向にあります。
感染予防対策、顧客満足度、オペレーションなど、様々な観点でトライアンドエラーしつつ、より良い形態を探っています。
ビュッフェはビュッフェならではの良さがあり、運営面含め代替できないでしょう。取り分け時のマスク着用とアルコール消毒の徹底をすれば個人的には気になりません。手を使って食べるものはパンやピザなど限られています。
「ゲストのテーブルごとに料理を出す手間がかからず、人員を多く割かずに運営できますから。ホテルビュッフェはある種、ゲストとホテルの相互利益的な部分があるので、これほど人気になったのです」
”ニーズがあるならば、諦めるのではなく、どう工夫して応えられるか。それがサービス業としての本分だろう”

シュラスコのBarbacoaは元々色んな肉を席まで持ってきてくれる方式ですね。
”注目は、オープンキッチンで仕上げた料理をスタッフが「ワゴンサービス」でゲストの席まで提供して回る新しいスタイル。”
とある那須のビュッフェでは、手袋をしてトングを利用する、そんな対策も取られていました。

ビュッフェの形、変わりゆくでしょう。
「もし感染者が出てしまったら」から始まる問いはもうさすがに残念すぎる。ビュッフェに限らず。「出さないための」創意工夫を出来る限り応援した上での「たら」でありたいですよね。
たしかに、ビュッフェの「好きなものを好きなだけ」食べられる方式は、結果的に料金が割高でも、その体験自体に高い満足感が感じられる。
食欲があるときは、洋食メニューのあとに軽い和食メニュー(お茶漬けや鮭、納豆、小鉢など)の組み合わせなど、自由度も高いところも魅力的。形は変えても続いてほしい。
コロナ収束はぼくたちがビュッフェを取り戻す時。ホテル業界の努力を祈ります。
回転寿司なんかも色々工夫が必要なんでしょうね。先日スーパーに行ったら、惣菜コーナーの焼き鳥や天ぷらなどのバラ売りが無くなっていました。
ビュッフェがなくなるのは、楽しさ半減です。
ホテルの醍醐味の一つですから。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
4.28 兆円

業績