新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「採用失敗した、、、」これはある種の経営者の口癖とも言えますよね。では失敗しないためにはどうするのか?その一つにレファレンスがあると思います。

レファレンスのいいところは、レファレンスがあると知ると、知られると不味いことがある人はそれで連絡がとれなくなったり辞退を自主的にしてくれたりすることですね。

他にも大事なことはあり、基礎基本を抑えることが大事ですね。

https://keyplayers.jp/archives/5174/
レファレンスチェックはあくまでも一つの観点から見た情報ではあるので、求職者の人が同意していてもやみくもに取得するのでなく、何を知りたいのか、どういった点が現状においての懸念なのかを明らかにし、その上で複数から客観的にもらえるようにする必要がありますね。あとこれをやるのであれば、自社内の情報もオープンに求職者側にも開示していく努力をしていかないとですね。
もともと外資系ではジョブ型とレファレンスはセット。日本もそうなりますね。よい傾向。
その組織で評価されて好待遇であれば、よっぽどの熱意と挑戦がない場合は、何らか組織を出る理由があったと思うのですが...
人の評価は環境で変わるものであり絶対的な評価というのはあり得ないと思うので、これが当たり前になりすぎるのはちょっと違和感...