新着Pick
653Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近の感染者数の急増に不安を感じている方も多いと思います。
秋以降に世界的な再流行の波が来るかもしれない、とも言われる中、今一度、コロナをめぐる国内の状況をちゃんと知っておきたいと思い、取材しました。

全3回の特集の初回は、治療がテーマです。最初期から患者を受け入れてきた聖路加国際病院の仁多医師に、多忙な中、取材に応じていただきました。最前線の医療現場の「実感」が伝わってくるお話でした。
わかりやすい記事でした。
4月頃の第1波の時期と比べると医療現場としては次のような違いがあると思います。

・医療従事者が対応に慣れてきている
・PPEやマスクなどの物資が足りている
・外来や病棟のゾーン分けが進み、院内感染を予防できている
・典型的な症状の経過やCT画像の推移など、病気に対する知見が増えてきている
・重症患者に有効な治療法がわかってきたため治療に悩むことが少ない
・ホテル療養や自宅療養が増え、退院基準が緩和されたため病床の逼迫を抑えることができている

一方で、かかっても安心といえるほどの「特効薬」はいまだになく、記事にもあるように感染してしまうと後遺症やPTSDなどの問題も残されています。個人レベルで感染しない努力が重要なことは変わりありません。
積極的に発信していただき、仁多先生も、病院の方も、NewsPicks編集部もありがとうございます。です。

発信できるレベルの根拠が(単一施設とは言え)ある程度見えてきていること、落ち着いて発信できる状況になってきていることが伝わる内容でした。

こういうのが欲しかった。

↓これはもう人災。感染から復帰された方が周囲の目に耐えられなくなっているという事例も出てきているようなので、医療機関の方の決死のワークを無為にしないためにも、with コロナ社会として落ち着きたいですね。
———-
治った後の職場復帰のタイミングで悩んだり、感染したことで肩身が狭い思いをしたりという話も聞きます。
誰でも感染する可能性がある中で、感染した人が不注意だったかのように言われるのは、とても気の毒です。
———-

今は、互いに協力しない方がメリットのある、囚人のジレンマでの悪い方のナッシュ均衡にハマっている。
厚労省の感染確認アプリをワークさせるためにも、申告したことによるデメリットのない空気に変えていく必要があります。

人類はウィルスなんかに負けない!必ず解決できる!
聖路加国際病院といえば、4月の「情熱大陸」に感染管理専門家の方が出演されていました。
切迫した状況で治療が進んでいる様子が伝わってきます。
ただ、感染管理専門家をおける病院は限られていることでしょう。
その他の病院では、治療だけではなく、院内感染の防止からスタッフのメンタルケアまでを、誰かが担っているということも忘れるわけにいきません。

文末に触れられているインフルエンザとの同時流行は、山田悠史先生の解説が参考になります。
「コロナとインフルエンザの同時流行で何が起きる?」
https://mi-mollet.com/articles/-/24037
とにかくまず罹患しないこと、だと自分は思います。
医療の現場に過度の負担がかかっている現状なので、リスクの高い行動を控えるというのが基本。

それから常に罹患してる可能性を考え、他の人にうつさないようにすることも大事ですよね。
現場で治療のノウハウが蓄積されてきてるとしても、それ以前のことをしっかりとやることで、重症者を減らして死亡者を出さないようにすることが出来る。

粛々とそれをやるように心がけたいものです。
胸部CT検査で進行状況が把握できるようになった、とのこと。これによって、処置の仕方が変わる。パターン化を見つけたことは大きな前進ですね。致死率の低い日本は、医療体制がしっかりしているからでしょう。
ワクチンや特効薬の開発にも期待したいが、一方で現場で知見を積み上げる中での治療の現状が、最前線で働かれている方からの景色・ファクトでとても分かりやすい。ぜひ見ていただきたい記事。
丁寧な現状報告。抑制が効いているから信頼感がある。
素人の単純な「インフルエンザと比べてコロナは怖いのか」という質問への回答が見える。僕の理解は「治療方法が大体見えたので同じようなもの」という感覚だ。ただしワクチンや特効薬がないことで対応には大きな違いが出るのは当然だろう
オーストラリア、ブラジル、チリ、南アフリカ
南半球の国を見ると感染者数に死亡者数が反応してるのがわかる。
https://renkulab.shinyapps.io/COVID-19-Epidemic-Forecasting/_w_8abbe71c/?tab=ecdc_pred&country=Australia

北半球と南半球の状況を論じた研究はまだないのかも?
凄く分かりやすい説明です。
これを読むと、厄介なのは、

1.8割程度は本来なら入院治療が要らない軽症で経過して治癒するケースでも、治癒までの期間が長い。
2.PTSD→心理的な要因による後遺症に悩まされる人が一定割合いる
3.なにより感染力が強い

この辺りでしょうか?
死亡率は、国による差が激しいですが、国民の生活習慣の違いや医療機関へのアクセスのスムーズさ、対処治療力の違いがありそうですね。

ウイルスが変異しているらしいですが、元々ウイルスはそういうものです。人類はウイルスとは共存せざるを得ない訳ですから、過度に悲観せず、自分が出来る予防策をしながら、治療法がより確立する時を待ちたいと思います。
この連載について
ひとたび収まるかに見えた新型コロナの患者数が、再び急増している。この状況は、どの程度、深刻なのか。打開するには、どうすればいいのか。新型コロナとの戦いが始まって半年を経た今、現在地を冷静に見据えたい。