新着Pick
370Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
儲かる儲かんないじゃなくて、こういうやり取りができるという経験。
素敵!

ちなみに、高校生のみならず、すべての財務・経理にかかわる人は、
彼の『生涯投資家』読んだほうがいいと思います。
(まわしもんじゃないです、ただただ役に立つフレーズたくさんある本でした。)

投資における、バリューとグロースというとらえ方。
全世界的金融緩和で、すっかりバリューがおきざりにされた印象もありましたが、
やっぱり基礎はバリュー投資の意味をきちんと学んでいくことかな。
それが真の投資教育だろうなと。

ここでこんな経験した子達が、将来どんな大人になっていくのか、楽しみですね。
記事の内容は、村上さんが高校生たちの質問に丁寧に答えている様子がわかるものです。タイトルが違うという指摘がありますが、自分の経験ではネットメディアでは、記事を書いた人であってもタイトルをつけることはできません。タイトルは記事の内容を端的に表すより、いかにPVを増やすかで決める編集長や編集者がいます。つまり釣りタイトルですね。これはオールド系のメディアでもあることです。私は編集長がつけたタイトルがあまりに悪意があって、このタイトルなら記事は掲載させないと言ったこともあります。タイトルには人間性が現れるということですね。この記事を書いた人はきっと村上さんにお詫びの連絡を入れているはずです。プレジデントオンラインというメディアは、平気で釣りタイトルをつけるのだということがわかりました。
タイトルだけ読むと、村上さんがN高の教育を否定しているように見えてしまいますが、記事の内容は真逆です。
私も釣り見出しをつけられたことがあります。事前に確認もなく釣り見出しがつけられたことにショックを受けて、修正して欲しいと伝えましたが、「一度載せたものは変えられない」と聞き入れてもらえませんでした。
こちらの記事も、内容自体は素晴らしいと思いますし、だからこそアクセスを増やすために釣り見出しをつけたくなるメディアの気持ちも分からなくはないですが、取材対象に対してもっと誠実であって欲しいと思います。
タイトルが中身とまったく合っていませんが、村上さんと高校生がすっごくイイ対話をしています。

投資の基本的なお作法ばかりですが、どれも普遍的な原則です。
タイトルが煽りすぎています。

内容はとてもしっかりしたもので、少なくともデイトレーダーには適したアドバイスでしょう。

>「よく自分がわからないこと」に投資をするのは、期待値を正確に導き出すことができないので、やめようと強く思いました。

この忠告は極めてもっともなことながら、案外実行されていませんよね。

みなさんが買っている株式を発行している会社のことって、本当によくご存じですか?
雑誌やネットで推奨されていたから買ってるという人たちが多いのではないでしょうか?
タイトルが本質的でなくてよくわからんですが。。。
20万円で投資の勉強ができるとは思わず、村上さんも重々ご承知の通り、ビッグトレンドは極々少数のファンドが富豪の金で起こすわけで、そのほとんどがインサイダーまがいのルールの網目を縫った取引なわけです
ミセスワタナベの資金を巻き上げるための大いなるスキームに手を貸す人材を育てるというのか、それとも、「そういう世界なのだ」と説くのか。。。
「何度も同じ失敗をする」…これは、失敗を称賛する文化があるシリコンバレーでも、誰からも評価されない「失敗」です。

大事なことは「一度失敗したら、次からは同じ失敗はしない」という学習効果です。

それを村上さんが指摘されていますね。

シリコンバレーでは失敗を重ねるほど、期待が高まりますが、その理由は「同じ失敗はしない」ため「失敗の数が多いほど、もう失敗しない可能性が高くなる」からです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
タイトルには悪意を感じますが、中身はすごく良い記事です。村上さんも優しく丁寧に教えてくれています。高校生を切ったりしてません笑
今回もN高。良い授業をたくさん提供されてますね。素晴らしいです。
リアル「インベスターZ」、凄く丁寧に向き合っている感じがしました!

こちらの本も高校生へ向けてですが、探究学舎の「経済金融」講座を受け、いま週末は半沢フィーバーの小3息子に読ませてみたいなと思います。
難しければ、気になる項目斜め読み、雰囲気読みでも、興味があるものを応援したいです。
記事を読むと、別に「バッサリ切った」ワケではない。
高校生でこの経験ができる環境が羨ましい。